今年の夏頃でしょうか、以前から親しくしている京都を拠点にしているアートNPOリンクの樋口さんのご紹介で、淡路島で地域活性化のために活動されているメンバーの方が、会社に遊びにきてくれました。 沢山の淡路島の魅力、淡路島ブランドの活性化施策など話を聞かせてもらい、是非淡路島でセミナーをやって欲しいというお願いでした。残念ながら、今回はそのセミナーは実現しなかったのですが、その中でも僕がずっと覚えていたのは、「実は最近売り出し中で、淡路島の淡路牛と、淡路島でとれた淡路玉ねぎとで作る牛丼があるんです。”淡路島牛丼”っていうんですけどね…..」という話。ぐぐっと、魅力を感じたわけです。淡路島…..埼玉出身の僕は、関西の地理感も淡路島のことは何もしらないわけで、何か「島」と聞いただけで、冒険的なロマンを感じてしまうわけです。江ノ島?八丈島?奄美大島?島と聞けば、ざっとこんなイメージです。しかも、牛丼という、とてもやんちゃで少年心を誘うようなソウルフード。そして、ルーツは但馬牛である淡路牛。淡路島の但馬牛の子牛は出荷されて松阪牛や近江牛の素牛になるのです。淡路島の但馬牛が、神戸に出荷されて神戸で商品化すれば、外国人が目をキラキラさせて喜ぶあの神戸牛です。そして、有名な淡路たまねぎと淡路米。個人的には、ソーキそばや、ゴーヤチャンプルより、食べたい衝動にかられてしまいました。 「これは、ブランド化できる!」というか、淡路島に東京から人を連れていくことができる!と思ったのです。いや、アジアから直接、人を連れていくことができるかもしれない。今や牛丼は、アジアの先進国ならどこにでもある日本のソウルフード。アジアで増えている日本食のお店は、ラーメン屋、居酒屋、そして牛丼屋です。

というところで、この話は、次へとつづきます。 つまり、これから「淡路島牛丼」の魅力を伝えるプロジェクトを始めます。 吉野家か?松屋か?淡路島か?今、淡路島には、50店舗の様々な「淡路島牛丼」が食べられるお店があります。さあ、一緒に、淡路島牛丼を食べる旅に出ませんか?

みなさん、つぶやいてください。「淡路牛は、出荷されてあの神戸牛や松阪牛になるんだけど、実は、淡路島牛丼で、その美味い牛丼が食べられるらしいよ。」って。

http://www.awaji-navi.jp/awagyu/

Last summer a member of ARTS NPO LINK who works for the local revitalization in Awaji Island visited our company through the introduction of our acquaintance Mr. Higuchi from the said institution. It was an offer to operate seminar at Awaji Island, and he told us many fascinating stories about Awaji Island and its local revitalization branding strategies.

Unfortunately, the seminar it self did not actualize but the story about their promoting ‘Awaji Island Gyudon’ made of local beef and onion was deeply impressive. For a person like me from Saitama prefecture have only slight knowledge about the geography of Kansai or Awaji Island and the term ‘Island’ gives me such a romantic impression. Moreover, ‘Gyudon’ is a soul food familiar to every folks here in Japan. Youngsters just love it. All of these features lead me to evoke a juvenile-esque romanticism.

The renowned Matsuzaka beef or Oumi beef originally were calves from Awaji Island’s Tajima beef, and also Tajima beef is shipped to Koube and becomes Koube beef as well. With the Awaji onion and rice this ‘Awaji Gyudon’ has appealed to my appetite more than ever and I thought to my self “This product can be branded and become an impetus to bring people down from Tokyo to Awaji Island!” or even directly from Asia.

Currently ‘Gyudon’ prevails throughout Asia along with Ramen or Izakaya. So this is why we are launching a project in order to broadly convey the essence of ‘Awaji Island Gyudon’. There are about 50 ‘Awaji Island Gyudon’ shops in Awaji Isaland right now so why don’t we go there and try out?

Therefore everyone please tweet “Awaji beef becomes Koube beef or Matsuzaka beef, but actually you can taste those superb beef by eating ‘Awaji Island Gyudon’”.

ピクチャ 9.png ピクチャ 6.png ピクチャ 8.png ピクチャ 7.png

A creative greenhouse of the east.

Our dreams are like exotic trees.
No one tree are the same yet.
They're unique + purpose to bear good fruits.

「売上をUPさせたいんです。」 この言葉をクライアントから、ストレートに言ってもらったほうが、僕らの仕事は簡単です。 どのように、お客様に支持されるか。そして、手にして、カゴに入れてもらえるか。 その「売る」という最大の目標から、従来のブランディングメソッドはかなりズレています。 今こそ、お客様を呼べる、稼げるブランド創りが求められています。

なぜ、日本のクライアントはみんな悩んでいるのだろうと、最近仕事を通して考えることがあります。 その多くは、沢山の問題を抱え、限られた制約の中で、四面楚歌の状態で、様々な問題を解決しなければならなくなっています。 そもそも、問題が単純化していないという現実がそこにあります。稼げばいいという問題だけじゃない場合が多いのです。つまり、複雑化している問題に、多面的なソリューションが無い限り、問題は解決されないのは明白です。

僕たちは、常に拗れた紐を解くのか?それとも、新しい紐を創るのか、選択肢を迫られています。 だからいつも悩んでいる。しかし、解決する答えはシンプルです。 両方、猛スピードでやらないといけない。それだけです。 私たちもこの約3年間、たくさんの拗れた紐を解いてきました。 そしてこれからも、日本発のブランディングデザインブティックとして、拗れた紐を解き続けていきます。

しかし、この3年間、紐を解いているだけでは間に合わないクライアントや地域があることも実感しました。 小さな企業は、この厳しい時代、戦略立案のための予算がないのが現状です。当たり前です。みんな精一杯なんですから。 誰かに頼みたくても頼めない状況で、いつも一生懸命で、知恵を搾って、力を合わせて手作りで苦労しています。 だからこそ、限られた予算でも、僕たちと同じような規模の、地方にある小さな企業のために汗をかきたいと思いました。 なぜなら、新しい紐は、挑戦しようとしている若い経営者たちが生みだすものだからです。そして、日本に新しい紐が生まれない限り、 負のスパイラルが半永久的に続くのです。だからこそ、日本発のブランディングデザインブティックとして、バニスターは同じ志を 感じることができる地方の方々と共に、新しい挑戦を今以上に進めていきたいと思っています。

もし、この文章が気になった地方の若手経営者のみなさん。 いつでもメールをください。 一緒にチームを組みましょう。

hosoya@bannistar.com 細谷まで

Our work will be rather simpler if clients merely demand an increase on sales. Previous branding method has largely deviated from this standpoint of ‘how can we make the products into customers shopping bags?’ therefore, now is the time profitable brand which can gather customers are need to be created.

Lately I have been pondering why Japanese clients are all distressed. Many of them are surrounded by plural issues and forced to come through under severe limitation. Basically the issues aren’t merely a matter of profit, hence versatile solutions from different perspectives are expected in order to lead solution. It’s obvious that versatile solution is indispensable in order to solve complicated issues.

We are currently in a condition to decide whether to keep untying a tangled thread or to create a completely new thread. That’s why we’re always perplexed. But the answer seems simple. Just accelerate the procedure on both of them. This is it. Through the passing three years we’ve kept on untying tangled threads, and will continue to do so as a Japanese originating branding design boutique.

But at the same time, we’ve actually felt that for some clients and regions untying is not enough. Small companies are having hard times managing to raise funds for strategy planning. But times like these it’s a matter of course because we are all desperate, thriving in our own hands with no one to rely on. This is why we thought we would like to aid regional companies that are about the same size as us. Japan will permanently circulate a negative spiral unless new thread is to be created, and it is the young and challenging executives who can actualize.

This is why as a Japan originating branding design boutique, we want to synergize with the regional people who can share the same prospects with us more vigorous than ever. So to all young executives who have seen this blog, feel free to contact me any time. Let’s organize a team!

先日、シンガポール政府の経済産業省主催のセミナーで、シンガポールの企業数十社の方々の前で講演をしてきました。シンガポール政府には、バニスターシンガポールもサポートして頂いており、今回は一団が来日するということで、このセミナーが実現しました。テーマは、日本市場の消費者行動傾向性と、日本のデザインの現状と将来についてです。日本のデザインと、今日までの政治空白の20年を経た日本人の気分を対比しながら、説明をしてきました。改めて、海外の方々に説明するドキュメントをまとめるにあたって、日本人のニーズと日本のデザインを分析しながら組み立ててみたのですが、自分でも大変興味深い内容になりました。

日本経済が、デフレが起きて、モノづくりが大量生産されて、そして、デザインを大量に消費していく、その流れは日本のデザインを考える上で、デザインの本質に立ち戻ることができた、原点回帰への運動でした。しかし、日本のデザインが、一生懸命、原点回帰している最中に、グローバリゼーションというもの凄く大きくてスピード感のある経済的な津波が押し寄せてきてしまったのが、今の現状です。そこで、問題が生まれました。更に、デザインの原点回帰を掘り下げていくのか、本質を認識した上で新しい次元に一気に昇華していくのか。そういう意味では、分岐点にあるのが、日本のデザインのこれからの在り方でもあり、日本全体の気分とも、完全一致しています。

ナショナリズムとコスモポリタニズム、その2つの相反する思想が共存を目指すことこそ、打破できる時代なんだと、もう一度ハッキリと、言い切れると思うのです。日本のデザインの次なる施策として、その1つの打開策として考えられるのは、「賛否両論」という、各々が意思や欲求を持つことができるソリューションこそが、日本の閉塞感を打開していくという話をしてきました。日本人は実は、皆、今の閉塞感を打開していきたいと思っているのにもかかわらず、まだ、他人と同じ歩調で前進していきたいと思っている、そういう複雑なマインドの矛盾が、新しいモノが生まれても継続しない理由になっていることを、今回の講演で、説明してきました。

もう誰も止められないグローバリズムの波が押し寄せてくる現在、僕が伝えたいテーマは、「賛否両論」というインパクトです。100人全員に好かれる時代は終わり、熱狂的な50人だけに選ばれることが最も大切な時代になっていきます。デザインも、モノづくりも、政治も、決して中途半端な決断が許されない時代です。今の時代に物議を醸し出すコンセプトを提案できるか、これこそが、消費者の欲求のエネルギーになり、結果的にいつの間にか新しい時代が到来しているはず。凝り固まって、単に時代をなぞり続けるのではなく、強引に切り拓く強さこそが、どの局面においても、日本のモノづくりには必要であることを話してきました。

僕自身も、これからの日本市場には何が必要なのか、海外だけでなく、日本の企業の皆様にも、このような講演で語り続けていきたいと思っています。

The other day I held a lecture for a large number of Singaporean company at the seminar held by the Singaporean Ministry of Economy, Trade and Industry. The Singaporean Government supports Bannistar Singapore, hence group of them came to Japan this time and the seminar actualized. The main focus was on consumer behavior tendency among Japanese market and the present state Japanese designing is in and how it can turn out in the future. I carried out the lecture by comparing Japanese design and the state of mind Japanese people are in right now through 20 years of political blank. By editing documents for foreign people and investigating Japanese needs and Japanese design once again, I myself have found an interesting content.

Deflation in Japanese economy has induced massive production that directly lead to massive designing consumption, and this movement enabled us to reassure the essence of designing. However, while this movement, ‘Globalization’ a massive economic trend surged over like a tsunami very quickly. This produced an issue to think over ‘whether we should continue pursuing the essence of design or ascend to a completely innovative phase based on essential perception?’ In this sense, Japanese designing currently faces divergence and this also consents to the national feeling. I can once again stress that integrating these seemingly contradicting nationalism and cosmopolitanism is the only way to break through. One favorable suggestion is ‘controversy’ therefore, solution that can induce will and desire from each people is essential. Because inside every Japanese people’s mind lies a contradiction between progress and harmonious conservatism, and this is what hinders new products to succeed in this country. This is what I have explained in this lecture.

Under imminent circumstance which massive wave of ‘globalism’ can hit any minute, the theme I would like to stress is the impact of ‘controversy’. There is no need to be liked by 100 people any more, but to be fanatically loved by 50 is the key to survive through this era. Ambiguous decision has no more validity whether in designing, manufacturing, politic or any other fields. If we succeed to suggest a controversial design towards the society, this will become an impetus to accelerate people’s desire and will ultimately create a new era. So once again I have emphasized in the lecture that Japan must put an end to compliance towards trend and attain boldness to innovate.

I myself would like to hold lectures about these requisite for Japanese market to Japanese companies as well.

負けない欲望。Resolute Desire

何度もここでお話させてもらっているように、今年から、バニスターは日本の外にも出て、シンガポールを第2拠点としてアジアのお仕事をさせて頂いています。そして、僕自身が東京とシンガポールの2つの拠点を毎月行き来し、社長業をやることで、冷静に感じることがあります。やっぱり大好きなニッポン人として、今日は書きたいと思います。

1つだけです。今のニッポン人に不足していることは「欲望」です。欲望から生まれる積極的なアクションが無いのです。人間ですから、欲望からすべての行動が始まります。満たされていることが、幸せなのか不幸せなのかわかりませんが、欲望から始まる積極的なアクションが生まれていないのは事実です。彼らの、とにかく知りたいという欲望は、遥かに日本を超えています。そして、すべてを受け入れる柔軟性があるのです。

今、僕が日本の中で探し、大切にしていることは「負けない欲望」です。こんなふうにしたいという強い信念があれば、すべてにおいてチャンスはあると思うのです。最近、弊社も、地方の地場有力メーカーのご相談が増えています。 「負けない欲望」は、一部の日本の地方の人たちのほうがあるのではないでしょうか。なぜかというと、ただ単に現状から見える判断ではなく、強い想いが先行していて、トライアンドエラーを繰り返しながら、早い判断で前に進もうとしているからです。「負けない欲望」とは、強い夢とも言えるし、常識を覆す革新性とも言い換えられます。

やはり、人は、危機感や利益だけでは、充実感のある行動に変化できないと思うのです。結果的に商品やサービスが、お客様(エンドユーザー)に感動を与えることもできない。危機感や利益だけでなく、「負けない欲望」が絶対に必要なのです。 ニッポンは、やっぱり凄い。自分も含めてもう一度心を奮い立たせて、「負けない欲望」を胸に秘め、日本の素晴らしい企業の為に全力で努力したいと思っています。

As I’ve expressed my thought very often here, this year Bannistar started going out from Japan establishing work for Asia in Singapore as Bannistar’s second location. I myself feel much calmed since I commute between Singapore and Japan back and forth each month; must-do job for a CEO, I’d say. I, Japanese who loves Japan, have something to write for you today.

Only one thing. Something that is lacked in Japanese people is what is called “Desire.” They are lacking the attitude of proactiveness, something that is grown from desire. As human beings, all kinds of action are generated from desire. If we can’t define whether this is something that fulfills us or not, makes us happy or unhappy, I’d say this is not proactive action from desire. This is just an undeniable fact. The desire that Asian people want to seek somehow goes far beyond that of Japan. That’s why; they are flexible to receive all kinds of things.

Now, something essential I’ve been looking for in Japan is “Resolute Desire.” If we’ve this strong belief of having an urge to do something, chances are everywhere. Recently, our company is dealing with local manufacturers more. I wonder if one part of Japanese people in upcountry owns this “Resolute Desire” quality. I mention about this because I’m trying to go forward with a quick judgment while using my strong emotion first and while practicing trial-and-error process, not that I use the judgment by seeing simply and only current situation. “Resolute desire” can be also explained as potent dream, in other words, a reformation by overthrowing the conventional ideas.

Absolutely, having only sense of impending crisis and profit, human cannot change to the action that possesses a sense of fulfillment. Considering the result of a product and service, they won’t be able to impress their clients (end users). It’s substantially necessary to have not only sense of impending crisis and profit, also this so-called “Resolute Desire.”

Japan is just amazing. Including me, I would like to cheer them up, with this “Resolute Desire” deep inside my heart, and exert all my strength to the magnificent Japanese industry.