約1週間、ミラノ、ロンドンなどヨーロッパのデザインを見に出かけてきました。ミラノではサローネも見てきました。

今まで1年半、僕らのオフィスのある東京とシンガポールを行き来しながら感じることがあります。勢い良く新しく形成されようとしている新しいアジアデザインが、唯一実現できないことがあるとするならば、脈々と受け継がれている文化や伝統が、さらに洗練されて新しく生まれるヨーロッパデザインには敵わない事です。つまり「時間の蓄積」だけは、どんなに莫大な投資をしても築きあげられないものがあるということなのでしょう。

文化や伝統を持ちながら様々な角度からセレクトされて、更にリミックスされ続けて新たに創り上げる東京と、アジアと西洋の中間点として世界の金融の流れに乗りながら新しいアジアデザインのハブを確立しつつあるシンガポール。その他にも、上海、香港、台北、バンコク、ソウル、ハノイなどいづれも躍進しているアジアのコスモポリタンとは異なる、ヨーロッパ独自の揺るがないQuality of Lifeが、ヨーロッパの都市には各々あります。その理由は、伝統の継承という枠だけでなく、倫理的にも、行政的にも、アイデンティティとして連動してできあがっている文化なので、アジアと比較することは難しいのですが、例えば相続税の面から見ても、代々受け継げる仕組みになっているなど、社会のシステムが守り受け継ぐという発想の元に、家族の絆が成り立ち、都市が成り立っていることがベースになっていると考えられます。

しかしながら、ミラノでは、近年は中国の投資家がイタリア職人が沢山いる工場を買収し、中国人に技術を伝承しはじめているような現状もあるそうです。中国人が創っているけど、ブランドとしては、made in Italy。これだけ世界が狭くなってしまった今、イタリアですら、人と人が繋いできた伝統や技術で創られたブランドを、どんな国籍でも継承できる時代になってしまったようです。 これは、日本でも現実に起きても可笑しくないことで、すでに起きている業態もあります。日本の伝統工芸品が違う国籍によって継承されていく、そういう想像もしなかった文化のバトンリレーが 世界各国で、現実に起ころうとしていることです。正しく、made in Worldという発想の時代です。これを前向きにとらえると、とても面白い21世紀のネオルネサンスとも言えます。

日本人が、誰も想像もできなかった衝撃を受けたこの約1ヶ月、日本の中ですべき事が沢山あります。生活を再建することや、日本の地域を復興することなど最優先に解決しなくてはいけない問題があります。しかし、僕はこういうときだからこそ、決して、内にこもらず、もっと先を見つめる日本人の1人になれればと思っています。安心・安全のブランドをいち早く修復して、海外からの人や経済の流れをもっと増やしていきながら、日本の守るべきものを守り続けるために、グローバルの視点で日本そのものを強くしていかなくてはいけない。 そのヒントを、日本人のモノへの豊かさの価値観が近いヨーロッパで、あらためて再認識してきました。

今、まだこれだと確信できる答えはありません。しかし、これだけは言えます。日本人は、忍耐と寛容の崇高な精神を持っている、ヨーロッパの文化や伝統に引けを取らない国民であること、そして、その精神は、世界の中でも最も差別性のあるアイデンティティであるということです。これは、今回の大震災で実証されました。すでに世界中が認めていることです。だからこそ、自信を持って、半歩先を目指して、僕らは柔軟に世界中を飛び回り、いつでもどこでもベースキャンプを創る日本のチームとして、バニスターは様々なカタチに変化し続けたいと思います。 グローバルブランドでも、ローカルブランドでも、21世紀らしいmade in Worldという発想で、プロダクトやサービスブランドを創ることを、これからも目指していきたいと決意した旅でした。

In to the era of ‘made in world’ perspective

For about a week, I’ve been on a business trip to Europe looking around various European designs in cities such as Milano and London. In Milano, I’ve seen the renowned Milano Salone.

There is something I perceived throughout the passing year and a half commuting between Tokyo and Singapore. Asian designs are innovating rapidly and progressing vigorously but it will never be able to overwhelm European designs, therefore historically accumulated European tradition and ingenuity are still refining and developing. After all, money cannot replace the accumulation of time no matter how immense it would be paid.

On the basis of culture and tradition lineage, Tokyo continues to innovate and remix elements they have selected from different angles. By corresponding to the worldwide economic flow, Singapore continues to establish a new Asian design hub as a relay point between Europe and Asia. However each European cities still seems to maintain their deeply rooted European quality of life, which differs from any other Asian cosmopolitan such as Shanghai, Hong Kong, Taipei, Bangkok, Seoul or Hanoi. The reason is their approach towards culture, which not only focus on heredity but also expands to coordinate with ethic or administration. For instance, inheritance tax are systemized to be handed over from generation to generation and this indicates that society and family it selves are based on succeeding system.

However, currently in Milano, Chinese investors are taking over workshops and their Italian craftsmen and replacing Chinese to acquire skills. A ‘made in Italy’ brand manufactured by Chinese, this apparently contradicting condition is not unusual in Italy anymore. The world has become more close and even the historically prominent Italian brand has become possible for any nation to inherit. Japan isn’t an exception as well in fact it’s happening all ready. Japanese traditional craftsman skills being inherited by different nations, this form of unimaginable cultural relay is now happening all around the world. Although, from a positive perspective this literally indicates ‘made in world’ perspective and it may be the 21st century neo-Renaissance.

Through this passing disastrous month that no Japanese have predicted, there still are many domestic issues to tackle. We need to rebuild our daily life and revitalize regions. However, with a long-term view I would dare not to shut myself up inside this country. We need to restore previous trust towards Japanese brand and create more pipelines to gain people and economy from overseas, and at the same time preserve our traditions. Hence we need to globalize our perspective and strengthen Japan itself. I once again, perceived a hint to it during this stay in Europe that quite resembles to Japan in how they perceive materialistic wealth.

At this point, I still don’t have specific answers. Although one thing certain is that Japanese nation, with its extraordinary patience and open-mindedness, is distinctive to any other countries and competent enough to rival with Europe. This has been proved to the world through this massive earthquake. This is why BANNISTAR will stay confident and always anticipate what will be coming in the near future. We will flexibly fly around the world, create a Japanese base anywhere at any time and keep transforming. Through this trip, I resolved to pursue creating on the basis of ‘made in world’ perspective to stay up-to-date in this 21st century, regardless of global brand or local brand.

R0010878.jpg R0010796.JPG R0010815.JPG R0010844.JPG R0010783.JPG R0010776.JPG R0011138.JPG

wao.jpg

東京チームとシンガポールチームの2つのオフィスを持つ僕らが、何ができるのか考えた結果が、このシンガポール赤十字社と共に行う「BECAUSE WE ARE ONE」プロジェクトでした。

BECAUSE WE ARE ONE Project http://www.weareonesg.com/

BANNISTARは、プロジェクトの発起人である世界中で活躍しているシンガポール人カメラマンKevin Ou氏とコラボレーションを組み、”デザイン&ブランディング”という立場で参加しました。 このプロジェクトには、アジアの数多くのセレブリティ達も参加をしており、Denise Keller, Eunice Olsen, Edmund Chen, Li Nanxing, Taufik Batisah等が 参加してくれています。

このキャンペーンは、市内で使用できるEZ LINKカードのデポジットで寄付することに参加できる仕組みです。メインスポンサーであるUOBBANKの店頭は勿論、シンガポール市内の約300カ所のバスの停留所などの公共機関、公共施設、レストランやバー、ショップなど数百カ所でポスターなどで展開されます。

今、バニスターができることは、日本のクリエイティブチームとして、世界中の人たちとつながり、世界中の人たちのチカラを集めて、日本に持ってくることです。 そして、今回のプロジェクトで僕らが知ったことは、すべての国の人たちが、心の底から日本を愛してくれていることです。本当に、みんな日本が大好きなんです。

この活動が、日本や東北の皆さんにも知ってもらえるシンガポール赤十字社の「BECAUSE WE ARE ONE」プロジェクトになるように、僕らバニスターでは、日本でも、このキャンペーンを皆さんに伝えて行きたいと思います。

今後「BECAUSE WE ARE ONE」は、様々なアジアの著名人が参加してくれることになります。BANNISTARとしても、もっと大きなチカラが集まるように頑張りたいと思います。

What we can do now is “to be supported” by people around the world”

After the consideration of what we, Tokyo and Singapore BANNISTAR, can do now, we’ve realized that we should join a project named “BECAUSE WE ARE ONE”, cooperating with the Singapore Red Cross.

http://www.weareonesg.com/

We, BANNISTAR, are involved in the project in charge of design & branding, collaborating with Kevin Ou who is a very active photographer around the world and also the project initiator. Already, a number of celebrities from many Asian countries, such as Denise Keller, Eunice Olsen, Edmund Chen, Li Nanxing, Taufik Batisah, also have joined the project.

You can make a donation (by deposit method) with a EZ LINK card available in the city of Singapore, which is also how to join the campaign. We’ll advertise this campaign with posters and other forms in some hundreds of places in the city, including stores of UOBBANK, public facilities like 300 bus stops in the city, public facilities, restaurants, bars, and many other kinds of shops.

What we, BANNISTAR, can do as a Japanese creative team is to connect with people in the world so that we can gather and bring their enormous power to Japan.

We’ll do best to continue to promote this campaign in Japan as well, until this “BECAUSE WE ARE ONE” project by the Singapore Red Cross is widely known to people in Japan, especially people in Tohoku district.

From now on, even more celebrities from many countries in Asia are supposed to join the project “BECAUSE WE ARE ONE”. To meet many people’s expectations, We, BANNISTAR are responsible to try our best to make this project bigger and bigger, supported by people in the world.

今、僕らに何ができるのか。それを、考え続けています。 今回の地震の第一報は、シンガポールの空港で、羽田行の搭乗を待っている時でした。すぐネットを繋ぎ、ネット電話で東京メンバーの無事を確認しました。しかし、空港のテレビで見たCNNやASIA CHANNELのBREAKING NEWSで映し出された光景は、まるで悪夢のようで、パスポートを片手に思わずその場に立ちすくみました。当然、当日のフライトはキャンセルになり、次の日のフライトで、先ほど帰国しました。

そんな状況の中、ありがたい事に、地元シンガポールのビジネスパートナーやアジア各地やヨーロッパに住んでいる友人達が、とても心配してメールや電話をしてきてくれました。「マサトの会社のスタッフは大丈夫か?」「家族は大丈夫か?」と、とても気にかけてくれました。その瞬間、日本の外にいたからこそ感じることができた世界の人の温かさでした。

クリエイティブやブランディングという仕事を通して、日本発の新しいアジアのネットワークを創りはじめた僕たちが、小さなチームの会社として、今、日本のために何ができるのか考えています。美しく、素晴らしい国である日本があるからこそ、僕らはこうして、他の国でも新しいことに挑戦できるのです。

今こそ、日本のために、バニスターシンガポールを活かして、今の日本に少しでも貢献できることを、バニスターとして考えたいと思っています。

今、シンガポールを含む世界中の人々が、日本を心配しくれていることを忘れないでください。きっと、日本人は、また素晴らしい日本を取り戻すことができるはずです。

今こそ、上を向いて、胸を張って、力を合わせて日本全体がチームで頑張る時です。心の底から、今頑張っている方々の無事を祈りながら、このブログを書いています。

“What can we do now?” I’ve been thinking this over and over again. When I was informed about this disastrous earthquake in Japan, I was waiting for my plane bound for Haneda at the Singapore airport. Promptly, I confirmed safety of members in Japan office via Internet phone call. Although the havoc I’ve seen through the BREAKING NEWS on CNN, ASIA CHANNEL broadcast in the airport Television was nothing but pure nightmare. I couldn’t do anything but to stand paralyzed with the passport in my hand. The flight was canceled as a matter of course, so I took the flight next day and arrived back home just now.

But it was grateful to receive calls from business partners in Singapore and friends from Asia and Europe asking me, “Were the staff in Tokyo alright?” “Were your family alright?” they sounded really uneasy about it. That was the moment I felt kindness from people all over the world.

Through creative and branding activities, this Japanese originating company has begun building a new network in Asia. And now, we are thinking over what this small company can do for Japan. Therefore, all our present activities abroad are based on this beautiful countries prosperity.

Now is the time for us to effectively utilize ‘Bannistar Singapore’ in order to contribute to Japan.

Do not forget that nations all over the world are deeply concerned about Japan. And we believe Japan ‘WILL’ recover from this devastation and win back its previous prosperity.

Look up and throw out your chest. Japan must collaborate as one to endure this havoc. I’m writing this blog praying, hoping that everybody in this country will be fine.

僕のブログは、東京とシンガポールの移動の飛行機の中で書くことにしています。移動する時間が、色々なことを考える時間になるからです。 東京—シンガポールは約7時間。考え事をするには十分な時間です。 ちょうど、このブログは東京に帰国する機内で書いています。

昨年から、僕は東京ベース。信岡はシンガポールベースで、 バニスターを新世代のアジアのブランディングスタジオとして、 着々とチーム創りを進行しています。 僕自身も月の3分の1はシンガポール、3分の2は東京という生活のリズムです。今回は、シンガポールの新しいスタッフを迎え入れる準備や新しいプロジェクトの話をするべく早速飛んできました。

毎回、新しいメンバーに会うと質問されることがあります。 「バニスターは5年後、10年後、どのようになっているのですか?」という質問。今回も彼からありました。 これは、僕らの秘密の話なので、まだ皆さんに詳しくお話できませんが、いつも、僕は3つに分けて 説明することにしています。 1つは、多様性や地域性。2つ目は、実現可能な組織形態。3つ目は、社会的役割と日本的なものについてです。この話を通して、Bannistarを本当に好きになってくれるかどうか、自分の目標を達成するために、 Bannistarで一緒にチャレンジしてみたいと思ってもらえるかどうか、ここでは僕の語り方がとても重要になります。 それと同時に、Bannistarの方向性が、違う文化の人々と共有できるのかということも感じ取ることができます。

今まで日本発のチームとして、日本人、シンガポール人、フランス人、タイ人、中国人による多元的創造力を持ったチームを創ってきました。そして、また来月から新たに、Bannistarにベトナム人の創造力が加わります。その度に、日本人として日本と共に生きて行くことは勿論、新しいアジアの枠組みの中でアジアの創造力とは何かを考えさせられます。

そして、経済成長が著しいアジアの国々や人々と出会うと、ブランドを創るという仕事は、どういう仕事なのか今もう一度考えさせられてしまうのです。衝動的なブランドを創るのではなく、アジアの本質的な価値によって何を創るのかということからやはり逃げられないのです。 だからこそ、僕らは国境を越えて、価値観を超えて、共感できるストーリーを創ることが大切になります。実は、ブランドを創るという仕事は、とても繊細なものなのかもしれません。理解をしてもらうために、常に研究して語り続ける事は大切です。今回も、アジアの人や空気から教えてもらうことが多くありました。

次は2週間後。また飛行機の中で書く事にします。 写真は弊社のクリエイティブディレクターのジトーと。彼のポラロイドで1枚。

photoasa.jpg

My blogs are written while on the plane between Tokyo and Singapore. It’s approximately seven hours one way, so it’s the most suitable time for me to think over some issues. I’m writing this on my way home to Tokyo.

From last year, Nobuoka has been arranged in Singapore and me in Tokyo in order to organize a team that can build Bannistar into Asia’s new-generational branding studio. I myself spend one third of month in Singapore and two thirds in Tokyo. This time I welcomed new Singaporean staffs and talked over some new projects.

Every time I meet new members most of them ask the same question, “What will Bannistar be like after five or ten years?” Well, this is still our secret plan so I cannot tell you all about the details but I always try to explain by three points. Which is, 1) Diversity and locality 2) Pragmatic team organization 3) Social roles and Japanese identity

Through these conversations, I try to confirm if they can truly love Bannistar and have their personal goals that corresponds to and challenge with us. At the same time I can perceive whether people from other nations can correspond to our goals.

Until now, we organized a team of polyphyletic creativity including Japanese, Singaporean, French, Thai and Chinese. And from next month a newly member of Vietnamese creativity will be joining us. Each time this happens it provokes to me thinking not only about how Japanese can survive with it’s own country, but also what Asian creativity can be like among this new Asian circumstances.

By meeting people from economically growing Asian countries, it recalls to me once again what branding business is all about. Which is not by creating a bizarre brand but from the essential values Asia possesses, and this is inevitable. This is why we must create a story compassionate enough to transcend every boarders and standards. Branding might be a sensitive business. It’s important for us to keep on studying and at the same time expressing what we’ve found out. Again I’ve discovered a lot by the people and atmosphere of Asia.

My next visit will be two weeks later. Stay tuned for more renewals! This picture is me with Szto, our creative director.

雪の伊勢神宮 : Winter in Grand Shrine at Ise

すっかり、2月も半ば慌ててブログを書いています。

先日、仕事の合間をぬって、念願の伊勢神宮へ行ってくることが出来ました。 恥ずかしながら、はじめての伊勢神宮。初めてなのに、雪のお伊勢さん。雪の伊勢が僕を歓迎してくれました。5年ぶりだそうです。 今年は、僕自身、初心に戻るということで身を引き締めることを考えていただけに、心を清めるにはぴったりの場所でした。

日本の外にでると日本の良さを探したくなるという心境というのでしょうか。 日本の心を探そうとしてしまうのだと思います。そこには、理屈ではない日本美の極致がありました。

僕が愛してやまないブルーノタウトが、彼の著書『日本文化私観』の中で、伊勢神宮を、「建築の聖地」であると賞賛しつつ、「世界の建築家はよろしく彼の地へと遍路の旅に上るべきである。なぜなら日本のこのまったく独創的な業績、その美しさこそ世界共有の傑作であるからである。」と発言していた場所で、僕には、実は、日本ではない異国のイメージに近いものがありました。そして、ドイツの建築家である彼が、半世紀以上も前に日本人に向けて語った言葉、これこそ、今の僕の考え方とぴったりと合います。

「日本人が自己とその新旧文化についていかに考えているかということこそ、国家の宿命ともなるべきものである。真の国家意識、他の国家に対する態度、それから最後に将来の日本が全世界に対して持つであろう価値、すべてはこの一事の如何に帰するのである。」(ブルーノタウト著「ニッポン」)

だから、近年大勢の方々が参拝されるのでしょうね。 また、必ず伊勢神宮に行きたいと思います。そして、桂離宮をもう一度見に行きたいと思います。 本当に、多くの発見があります。日本人として、世界と日本を対比しながら、地道に文脈を読み解くことが今必要なのでしょう。身が引き締まる思いです。

imge0a82b58zik3zj.jpeg

imgd3d1f35fzikdzj.jpeg

Winter in Grand Shrine at Ise

It’s already middle of February and I’m writing this blog in a hurry. The other day I went to the Grand Shrine at Ise on my spare time from work, which I’ve been hoping to see for a long time. This was my first visit but the Shrine welcomed me with its beautiful snowing white scenery. I heard this hasn’t been seen for five years. It was a great opportunity for me to remember what state of mind I was in at first, and brace up my resolution.

Maybe it’s because when I’m out from Japan, the more I become desperate to search what Japanese heart is. It was nothing but Japanese supremacy that I saw at the Shrine.

My loving architect Bruno Taut praised the Shrine as the ‘Holy Ground for Architect’ and says, “All architects must go on a pilgrimage to this place, for this genuine uniqueness and beauty is world legacy.” But my impression about this place was more close to an exotic image, somewhere outside Japan. And what this German architect has said nearly 50 years ago suits to my current way of thinking.

“The fate of this country relies on how deeply Japanese will consider its being and their cultures from the past to the present. An authenticity in awareness throughout the nation, attitude towards other countries and above all, the value Japan will possess against the whole world will lead to this single consideration.” (Bruno Taut “Nippon”)

This is probably why many people come to visit these days. I’d definitely like to visit again and see the Katsura Imperial villa once more. There are truly many discoveries. What we need to do right now is to compare Japan against the world from a Japanese perspective and read between the lines carefully.