近年、企業の大半は、決算期に縛られ短期間での着実な成果が求められる状況です。 その結果、日本では、デザインという活動を資産として捉える思考が薄まっていったということを多く感じることあります。社会的責任や株主重視など他にも問題が山積し、モノづくりにおいて「守りという攻め」の戦略で、日本企業の多くが、舵を取って来たということが背景にあるのだと思います。

その結果、中長期的な視点で、じっくりとモノやコトを生み出そうとする時間は減少し、短いサイクルでの判断をするため、 最低でも、前年比横ばいか、数パーセントの伸び率の利益を確保することを、良しとしてきたというのが主流の考え方だったと言わざる終えないでしょう。つまり、一か八かの大勝負をしない。着実に、きちんと、確かなコトやモノを目指す活動が、評価され、重要視されてしまい、大胆にチャレンジできない環境に、自ら導いてしまったのです。

一方、メディアなどでは、堅実で且つ美意識が宿っていることが、未来に向けた唯一の日本のカタチの追求であるかのように、錯覚して伝えている面も多くあります。日本が向かうべき方向は、1つだけであるはずがありません。これだけ、社会や経済が、四面楚歌的な状態が続くと、「堅実」というのは、「挑戦」という言葉の対義語として捉えられてしまうことがあります。

そもそも、どんなモノでも、ゴツゴツといびつだった革新的なDNAが、細胞分裂して、時間と共に、伝統として変化し、継承され、日本人が認める美に磨き上げられていったはず。きっと、日本人が脈々と持つフィルターを、美意識と呼ぶのででしょう。むしろ、今、美意識を語る前に、革新的で、ゴツゴツとした歪なアイデアすら、生まれていないことのほうが恐怖なのです。

マイナーチェンジは、マイナーチェンジでしかありません。建て増し旅館のように、ひとつのブランドに、幅広いラインナップを吊り下げていくことでもありません。過去や現状から学ぶことだけが、マーケティングやデザインではないし、そこに、送り手としての意志を埋め込んでいなければ、まるで、あんこのない大福のようなモノです。 さらに、担当者が細分化されることで、開発、マーケティング、製品、店頭、販促、広告等、すべてのアウトプットにストーリーが感じられないことが多々、起きています。それは、単なる組織的問題による課題ではなく、1つの意志によって、すべての活動が串刺しされていないから起こる現象なのです。 一方、僕らは、アジアの企業は、未来に向かって明確なビジョンがあることを知っています。日本にとって、これほど脅威なことはないのです。

ブランドマネージャーやデザインマネージャーが、今、僕らに求めていることは、1人の担当者が最初から最後まで責任を持つことができるよう、ブランドマネージャーやデザインマネージャーが自分の意志を、十分に可視化することができた道具(Tool)を用意すること。まずは、その道具(Tool)によって、沢山のブランドを取り巻く人々を、いかに熱狂させることができるかどうかだと理解しています。その先に、未来を輝かせる『意志が宿ったデザイン』が生まれるのです。

決して、ブランドやデザインを創るという責任は、限定されたデザイナーものであってはいけないのです。携わるすべての人の前に、平等にあるべきもので、そのすべての人の魂こそが、スティーブジョブスの言葉でいう「イノベーション」という言葉に変化するのでしょう。単なる美しいデザインが、人々を熱狂させる『イノベーション』に昇華させるには、チームシップで生み出すことが必要不可欠なのです。

4年前の、2008年のリーマンショックから今年の大震災という、日本の壮絶な時代と共に生まれた、バニスター。 日本発のアジアのブランディングエージェンシーとして、東京とシンガポールを拠点を置いて分かったこと。  今、日本、アジアそして、世界のブランディングデザインという考え方が、どのように変化してきているのかなど、 皆さんに、少しでも僕らの体験を理解して頂けるよう、2012年に向けて、ある1つのカタチに、まとめて行きたいと思っています。

Most of the major companies these days are restrained to accounting period and expected to steadily obtain excellent results. I feel that an idea to perceive designing as an asset has reduced in Japan, because of this. Moreover, plural issues such as social responsibility or stockholder prioritization has accumulated. Therefore, most of the Japanese companies has steered their way, building strategies on the basis of ‘nominal offence’ which substantially, merely a defense in their process of creating products.

Accordingly, there isn’t sufficient time to contemplate production and companies are compelled to declare their judgment in such a short period of time. Consequently an idea to compromise growth rate with being only few percent, or at minimal, stabilized has been dominant. That is to say, they don’t make a bet. They had put too much weight on steadily, decent process of creation and caused themselves a circumstance difficult to challenge.

However the medias seem to be misapprehending, stressing out that compatibility of steadiness and aesthetic sense is the key figures to pursuit Japanese prosperity. It’s impossible that there is only one way that Japan could pursuit. In this circumstance of national isolation, the word ‘challenge’ can be often regarded as an antonym to ‘steadiness”.

Originally, any ‘thing’ developed from a crooked, innovative format and gradually cell divided, transformed, inherited and refined into the present format that Japanese aesthetically acknowledge. Perhaps it is the filter inherited among us Japanese for a long time, is what we call an aesthetic sense. If anything, before we discuss aesthetic sense, the true terror lurks in the absence of crooked, innovative idea.

 After all, minor change can be merely a minor change. And it is not about manifold line-ups suspended from a certain brand, like an extended Japanese Ryokan hotel. Design and marketing isn’t merely about learning about the past or the present. Moreover, if there aren’t any ‘will’ of the sender at the core, it is like a hotdog with no sausage in it. And due to the subdivision of person in change, consistent stories are often cannot be seen among all outputs, such as development, marketing, product, storefront, sales promotion, advertisement etc. This is caused not merely from systematic issues but from the absence of principle axis. On the other hand, we know that Asian companies have specific visions towards future, and nothing is more menacing than this for Japan.

What the brand managers and design managers are expecting for us right now is to prepare a tool that enables them to visualize their own will, so that the person in charge can be responsible from the beginning till the end. And from those tools, we initially need to involve all the people surrounding the brand in to enthusiasm. And beyond this we will be able to produce ‘product with will’ that can lead Japan to prosperity.

 Responsibility to create brand or design should by no means be limited to specific designer, but equally distributed among the all the people who are involved. Only this spirit can turn into the word ‘innovation’, which the late Steve Jobs has stressed out. In order to transform mere design into enthusiastic ‘innovation’, teamwork is indispensable.

Bannister has thrived through domestic catastrophe starting from the Lehman shock to the great earthquake. As a Japanese originating branding agency, we want everyone to understand what we have acknowledged through our two bases, Tokyo and Singapore. Moreover, how recent Japan, Asia and worldwide branding designs are transforming. We would like to synthesize all of them into one certain form, heading for coming year 2012.

久しぶりのブログです。twitterやFacebookを活用していると なかなかブログで語る事が少なくなってきますね。 是非、僕と、TwitterやFacebookでも繋がってください。

Twitter&Facebook : Masato Hosoya

さて、最近ですが、今抱えているプロジェクトの影響もあるのですが、 意識的に、学生の皆さんと会う機会を増やしています。 今の高校生や大学生が感じている事、悩んでいる事、恋愛のこと、どんな将来の夢を持っているのかできるだけ彼らの目線になって、話を聞かせてもらっています。

最近の学生は、、、夢が無い、海外に行こうとしない、、など悲観的な話を良く聞きますが、僕の結論からいうと、彼らは何も変わっていません。 夢を持っているし、ちゃんと社会の動きを見ているし、その中で一生懸命悩んでいます。 しかし、1つだけ違うとしたら、何かを既に「あきらめている」ということです。

なぜ「諦めるか」という原因が大切なのですが、 推測するに、あまりにも莫大な情報量の中に、毎日身を置いて、 自分の将来像はこの程度なのかもしれない。だからしっかりと堅実に生きて行くことも間違っていない。と あたかも、すでに世の中のこと理解してしまったかのように錯覚をしてしまっているのです。その結果、将来の選択肢を自ら取捨選択してしまっているということのようです。

ここでのキーワードは、「情報量」です。 TwitterやmixiなどのSNSは勿論、口コミやインターネットで検索すればすぐに知る事ができる情報を100%信じ込み、満足してしまった結果おきている「諦め」なのかもしれません。 友達や地元などの日常生活に非常に近い、横の繋がりを大切にするがあまりおきている情報の錯覚です。

彼ら達の話をじっくりと聞くだけで、僕にもいろんな話をしてくれます。 もう1つの原因は、じっくりと彼らの話を聞いてあげている大人が減っているのかもしれません。僕ら大人達が、彼らに的確なアドバイスができていない可能性もあります。 例えば、始めて自分がコンタクトを取って出会う社会人が、就職活動の中で出会うOBOGということもあるようです。

百聞は一見にしかず。 人と同じことをしていては、夢は叶えられないとすべての学生に、僕は伝えます。 誰かが与えてくれることを待たずに、自ら掴み取りに行ってほしいです。 そういう学生がまだまだいることを信じています。

そして、新しい日本は、彼ら10代20代のうねりから生まれてくると、誰よりも僕自身が信じています。

>

To students in Japan, part 1

It’s been a while since the previous blog. Twitter and facebook has decreased my opportunity to write a script for blog. Please contact me through twitter and facebook. Twitter&facebook : Masato Hosoya

Recently I’ve been consciously increasing opportunities to meet students due to the project we’ve been holding. I’ve been listening to their issues such as their romance and their visions towards the future and how they feel about it. I try to correspond to their point of view as much as I can.

Generally I hear pessimistic opinions about recent students such as “They have no dreams.” “They don’t have the challenging spirit to go abroad.” Etc. However, in my conclusion nothings been changed. They have their own dreams and precisely observing the society, desperately thinking over all the issues. If I can point out one thing that have changed from the past is that recent students seems to have already given up something.

It’s important to think over the reason why they’ve given up. My presumption is that their circumstance surrounded by enormous amount of information, has made them misapprehend their visions towards future. They are underestimating themselves thinking that, “Living a steady life cannot be a mistake.” They are thinking that they have already known the world when it’s only an illusion. As a result, they are sorting out their future opportunities.

The key word here is the ‘amount of information’. Needless to say SNS such as twitter and facebook, but also they are 100% trusting all the information among the Internet. Therefore they have been satisfied and this ‘satisfaction’ had probably led them to give up something.

By sincerely listening to their stories, they tell me a lot of things. For another reason, probably there aren’t enough adults who can sincerely listen to their stories. Or probably we adults aren’t giving them a precise advice. For instance, for some students OB and OG while they meet during their job hunting is the first adults they have ever made contact.

Seeing is believing, I want to tell all students that you cannot actualize your dreams unless you do something different from others. Don’t wait for some one to give you the chance, seize for it. And I still believe that there are many students who can do this. And I believe that the new wave of Japan will be created by these new generations.

Bannistar Tokyo, Moving.

We want to inform to you all that we will be leaving Kagurazaka where we spend three years and move to Hanegi, Setagaya on July 23rd.

Seven minutes on Inogashira line from Shibuya, five minutes on foot from Shin-Daita station. As you walk through the Hanegi’s tranquil residential area, you will find our new office inside a small forest.

As we contemplate future living, we decided that a place where people can live richly and happily should be Bannistar’s new location. So please feel free to visit. We will be waiting.

皆さんに、お知らせです。

バニスター東京は、 7月22日をもって、丸3年慣れ親しんだ、神楽坂を離れます。

そして、7月23日より、世田谷区羽根木に引越しします。

渋谷から井の頭線で約7分。新代田駅から歩いて5分。 閑静な住宅街にある、羽根木の小さな森の中に、オフィスがあります。

未来の暮らしを考え続けているバニスターにとって、 人が、豊かに、幸せに、住まう場所こそが、僕らが居る場所だと考えました。

是非、みなさん遊びに来てください。お待ちしています。

new office.jpg

Come Fly with Us!

BANNISTAR’s 3rd Anniversary Video.

Happy Bannistar. With all our thanks.

Shall we facebook?

TwitterやらFacebookやらで、Blogがどんどん書きにくくなってきます今日この頃。Blogをおろそかにしてしまいました。皆さんお元気ですか?

今回は、ソーシャルメディアを通して少し感じたことを書きたいと思います。特に日本でも、TwitterやFacebookなどと、中でも英語が苦手な人にもFacebookは定着してきたように思います。僕自身も、Facebookを通して、学生時代の友人や、クライアント、仕事仲間、先輩後輩たちに繋がっています。Facebookは、今までの人との繋がりを、もう一度、整理しながら物理的に繋ぎ合わせてくれます。また、新たに出会った方々とも、名刺や年賀状よりも、すぐに深く繋がれるということは、やはりとても面白い体験ができるメディアです。

しかし、先日の日曜日、とある食堂で20代位の女子2人がリアルな恋話をしていました。僕が盗み聞きをしていると彼女たちは、イマドキの携帯についての話していました。 Aさん「ねーねー。携帯、スマートフォンに代えないの?」 Bさん「メールとか、電話しか使わないし。TwitterとかFacebookもやらないし。つーか、私、この携帯のシャンパンゴールドの色が大好きなの」 Aさん「ふーん。この色が好きなの?」 Bさん「うん。たぶん、シャンパンゴールド色のスマートフォンが出たら買ってもいいかも。」 推測するに、これは、スマートフォンとは何かが分かっていない女性たちの会話です。例えば、FacebookやTwitterの中で交わされる会話であれば、きっとこの呟きに対して、「iPhoneカバーで、シャンパンゴールドあるよ」とか、「スマートフォンってこんなこともできるんだよ。◯◯ちゃんもスマートフォンに機種変更したって!」みたいな、様々なソリューションや口コミが書き込まれていくことでしょう。そして、彼女たちもスマートフォンの楽しさを学習することができて、もっと今より理解できるはずです。

今、僕らは、特に20代の男女に注目して震災後のコンシューマインサイトをしています。彼ら達のマインドはどのように変化しているのか調べると、とても面白いものがあります。就職活動に対して不安を感じる意識、入社2年目での現実を知った意識、30代を目の前にした将来への意識を持っているなど、どの日本人も体験したことのない四面楚歌な社会状況の中で、良い方法を大人の誰に聞いても教えてくれないので、仕方なく彼ら独自の価値観で判断しています。だからこそ、子供の頃から携帯やパソコンを使って情報収集する彼らは、情報が混乱すればする程、実は、決して情報には左右されずに、ある部分は自分の意志を大切にして物事を捉え、決定しようとしていることが面白い点かもしれません。活用の仕方として、例えばいくつかのグループに分けられる友達と繋がりたい時や、バイトや就職活動など社会と無理矢理繋がらなくてはいけない時など、様々なコミュニティーと関わり合いをもっていて、無意識に情報ネットワークの仕分けがされていることも特長です。中でも、同年代との友達などの横の繋がりには強くて、情報処理力が早く、効率が良いことも上げられるかもしれません。そして、且つ慎重な判断をするのも彼らなのです。

FacebookやTwitterは、あくまでも、実際に遊んだり、会ったりする為のツール。例えばTwitterで、駅の掲示板みたく「今日、一緒に新宿で飲みたい人!」って友達全員に呼びかけている彼らをみると僕は嬉しくなります。出会いやふれあいを目的としたSNSの有効活用だからです。人との繋がりは普遍的なもの。かけがえの無い財産です。日本社会の空白の20年と共に育った彼らたちは、あらゆる情報の波の中で、冷静に、そして賢く、既存の大人達を眺めながら真の情報を見抜き、着実に実行していくでしょう。そしてその時、人の繋がりを大切してもらいたいのです。

やっと、僕らが創るべき未来が、ぼんやりと見えてきたように思います。 是非、Facebookで繋がりましょう。 理解し合いましょう。 そして、時間が許す限り語りましょう。会いましょう。 最後は、必ず行動にうつして実行しましょう。

学生や夢を持った方々大歓迎です。待っています。

Facebook: Masato Hosoya

Shall we facebook? And talk, meet, challenge and put in to action.

It’s becoming more and more difficult for me to the blog due to Twitter and Facebook.

This time I’d like to talk about what I felt through social media. Especially in Japan, twitter and facebook has been widely popularized even among people who are weak to English. I myself have connected to friends at school days, clients, business associates and friends from all generations. Facebook enables us to once again reorganize human relationship and connect physically. And it’s also fascinating to get familiar with people who came across at once more than greeting cards.

However, the other Sunday at the restaurant two girls about the age of twenty were having a realistic conversation on love. As I listen stealthily they began talking about up to date cell phones. Girl A “So you’re not shifting to smart phone?” Girl B “I only use mail and phone, and I don’t do twitter or facebook as well. Plus I like the champagne gold color of this cell phone that I own right now.” Girl A “Oh, so you like this color?” Girl B “Yeah, I might at least consider to buy if there is a champagne gold colored smart phone.” I presume that these girls don’t have profound knowledge about smart phones. For instance, if this conversation took place on facebook or twitter there might be feedbacks suggesting solutions such as “There is a champagne gold for i phone cover!” or “Smarphone can do things like this. And Girl C has also shifted to smart phone too!” And hopefully the girls can acknowledge the true enjoyment of smart phone with deeper understanding.

Currently we are conducting a consumer insight after this massive disaster, especially focusing on men and women at the age of twenty. It is interesting to investigate how their mind has changed. Surrounded by plural concerns such as job hunting, the reality they perceive at the second year of their work, how to proceed life aging to thirties and so on. More over the older generations does not have the answer as well therefore they have no choice but to make the decision by their own. Probably this is the interesting point that they have collected information using cell phone and computers from their childhoods, therefore the more information became complicated they have gained the ability to make decisions based on their own sense of values at some extent. For practical use, they unconsciously categorize plural information network into different types of friends or inevitable networks related to such as job hunting and part time jobs. Especially relationships between friends at the same generation are firm. This is probably because of the rapidness at information processing and efficiency. Moreover it is them that make the prudent decision.

Facebook and twitter are for actual meeting and amusements. For instance I feel happy to find someone tweeting “Does anybody want to drink today?” just like a bulletin board at a train station. This is because it is an efficient use of SNS. Connections between people are universal property. They who have nurtured in Japan during twenty years of vacancy will be able to sense reliable information beyond current adults and conduct practically, calmly and wisely. And at that time I want them to cherish connections between people.

Finally, the future we must create has emerged from the dim. Let’s connect via facebook, understand each other, discuss as much as we can, meet and ultimately actualize it.

I welcome any students or people with aspirations.

Facebook : Masato Hosoya