July 2012

7月1日で、BANNISTARは5年目を迎えることができました。

ここまで、自分がどうやって走って来たのか正直覚えていません。 過去なんか振り向かず、とにかく我武者羅でしたから。笑

しかし、多くの方々に支えて頂き、BANNISTARを心から信じてくださったからこそ、今、5年目を迎えられたのです。感謝し尽くせません。 心から有り難うございます。

現在、僕らのチームの半分は、日本人以外のメンバーです。 BANNISTARは、純粋な日本の会社ですが、増々、日本人メンバーの比率が少なくなっていきます。

例えば、クリエイター達にも、突然朝「今夜の便で、シンガポールオフィスに行けるかな?」と説得したりします。ですから、極端な話、僕らは常にパスポートを持ち歩いていなくてはいけません。僕も、東京と大阪のような感覚で、シンガポールと東京の往復です。

シンガポールチームは、東京のプロジェクトにもほぼ参加します。時差が1時間しかありませんから、ほぼ同時に東京とシンガポールの、2つのチームが動いています。東京チームが隣にいるかのようにSKYPEで繋ぎ合っています。

毎日、2つのチームが交錯しながらプロジェクトがどんどん進んでいきます。近頃、「旅客機がBANNISTARのオフィスだったら良いのに。」と真面目に考えていたりします。当然、そんな飛行機はまだまだ買えませんけど。w

この4年間、シンガポール人、中国人、マレーシア人、タイ人、フランス人、オーストラリア人、インドネシア人、日本人等、様々な国籍のメンバー達が、BANNISTARというチームを作り上げていきました。

もし、こんな会社に興味がある人がいたら、まずは僕に会いに来てください。(勿論、国籍問わず)

僕たちの使命は、日本から生まれたブランドストラテジスト&クリエイティブチームとして、国籍や文化を超えた今までにはない価値観で、ストラテジーやクリエイションを創造し続けることです。今迄の成功体験は棄てないといけません。

しかし、日本のチカラは、BANNISTARというチームの揺るぎないDNAです。 僕らは、必ずいつか、温かく見守ってくださった皆様のお役にたてるように、前へ前へと、新しい挑戦をし続けます。

5年目を迎えるBANNISTAR。どうぞこれからもご期待ください。