January 2012

皆様。あけましておめでとうございます。 2012年。どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

さて。今度の週末。 21日土曜日、鹿児島の姶良市でワークショップを行うことになりました。

市長さんや、地元の企業や商店、旅館を営まれている方、地域の医療、福祉関係の方々など、総勢30名程方々達が集まってくださるとのこと。 「鹿児島から世界を考える」という、ワークショップです。 バニスターならではの、地域ブランド活性化のための、1つのモデルワークショップになればと思っています。

今年から、約8年間かけて行う、未来のアジアと地域ブランドを考える『Think Futureプロジェクト』を立ち上げました。 「日本の各地からアジアや世界へ。アジアや世界から日本の各地へ。」をコンセプトに、アジア各地でも、随時このワークショッププロジェクトを行う予定です。

プロジェクトの記念すべき第一弾が、鹿児島。 とにかく、皆さんに会えるのが、楽しみです!

Happy New Near, everyone! It’s 2012.

I’d like to announce that this weekend on Saturday 21st, we will be holding a workshop in Aira city, Kagoshima prefecture.

I’ve heard that nearly 30 people are willing to participate, starting from the Mayer of Aira city, local companies and shops, Japanese-style-hotel owners, local medical cares, welfare workers and much more. The concept for this workshop is ‘Changing the world from Kagoshima’. I’m hoping that this workshop can specify a certain model for local-brand-vitalization activities.

We are launching an eight-year project, ‘Think Future Project’ in order to consider future of Asia and local-brand-vitalization. On the basis of our ideology, “From Japanese districts to Asia and worldwide, from Asia and worldwide to Japanese districts.” We are willing to conduct this workshop through all parts of Asia as well.

Our memorial kickoff will be held in Kagoshima. I’m so excited to see everyone!

think future logo.jpg

Think Future Project with Bannistarは、 2101年の暮らしを創造するプロジェクトです。

2101年。 果たして未だに国境ってあるのでしょうか?  領土問題も、人種差別も、経済崩壊も、エネルギー問題も未だ解決していないのでしょうか。 そんな時代に、ニッポンの素晴らしさは、未来の暮らし方にどんな幸せをもたらしてくれているのでしょうか? 

Think Future Project with Bannistarは、 Big ideaで、誰も創造してもみなかった90年後のニッポン人の暮らしを考え、 2101年に生きる全ての地球人に伝えるために、 ニッポンから発信するFuture Storyを描き、 未来のために、メッセージを残していく 2012年から2020年まで続くプロジェクトです。

まず。 日本、世界各地で、 「日本の各地からアジアや世界へ。アジアや世界から日本の各地へ。」を テーマに、不定期で、2101年の暮らしを考えるワークショップを行います。

また、国内外の次世代を担う30-10代の、 写真家、建築家、料理家、ファッションデザイナー、住職、アーティスト、俳優、歌手、デザイナー、サッカー選手、小学校教諭、陶芸家、華道家、大学教授、葬儀ディレクター、医者、弁護士、介護士、保育士、政治家等、 様々な職業の方々に「2101年の暮らしとは?」をテーマに、 長期にわたって多数のインタビューを実施します。

将来的には、バニスターから未来の暮らしにメッセージを伝えるための、 『think future story 2101(仮)』が作成される予定です。

どうぞ、ご期待ください。

‘Think Future Project with Bannistar’ is a project to create life in 2101.

In year 2101, will there be borderlines between nations? Will issues related to territories, racial discrimination, economy collapse and energies still be unsolved?

At a time like that, how can Japanese virtues contribute in order to create a better way of living?

‘Think Future Project with Bannistar’ is a project starting from 2012 to 2020. Through visualization of life in Japan ninety years later, we will be leaving a message of ‘Future Story by Japan’ for all earthlings living in 2101.

First of all, we will indeterminately hold a workshop considering ‘Life in 2101’ across the world, on the basis of our theme “From Japanese districts to Asia and worldwide, from Asia and worldwide to Japanese districts.”

Also, we will be conducting series of interviews on ‘Life in 2101’ among teens to thirties who will be leading the next generation. This includes people from all kinds of fields such as photographers, architects, gastronomes, fashion designers, priests, artists, actors, singers, designers, soccer players, teachers, ceramic artists, flower arrangement experts, professors, funeral directors, doctors, lawyers, caretakers, nursery school teachers, politician etc.

In the near future, we are planning to publish ‘think future story 2101 (tentative title)’ in order to convey a message from Bannistar to the next generation.

So stay tuned for more upcoming news!