今、バニスターが語りたいこと。: A timely message from Bannistar

近年、企業の大半は、決算期に縛られ短期間での着実な成果が求められる状況です。 その結果、日本では、デザインという活動を資産として捉える思考が薄まっていったということを多く感じることあります。社会的責任や株主重視など他にも問題が山積し、モノづくりにおいて「守りという攻め」の戦略で、日本企業の多くが、舵を取って来たということが背景にあるのだと思います。

その結果、中長期的な視点で、じっくりとモノやコトを生み出そうとする時間は減少し、短いサイクルでの判断をするため、 最低でも、前年比横ばいか、数パーセントの伸び率の利益を確保することを、良しとしてきたというのが主流の考え方だったと言わざる終えないでしょう。つまり、一か八かの大勝負をしない。着実に、きちんと、確かなコトやモノを目指す活動が、評価され、重要視されてしまい、大胆にチャレンジできない環境に、自ら導いてしまったのです。

一方、メディアなどでは、堅実で且つ美意識が宿っていることが、未来に向けた唯一の日本のカタチの追求であるかのように、錯覚して伝えている面も多くあります。日本が向かうべき方向は、1つだけであるはずがありません。これだけ、社会や経済が、四面楚歌的な状態が続くと、「堅実」というのは、「挑戦」という言葉の対義語として捉えられてしまうことがあります。

そもそも、どんなモノでも、ゴツゴツといびつだった革新的なDNAが、細胞分裂して、時間と共に、伝統として変化し、継承され、日本人が認める美に磨き上げられていったはず。きっと、日本人が脈々と持つフィルターを、美意識と呼ぶのででしょう。むしろ、今、美意識を語る前に、革新的で、ゴツゴツとした歪なアイデアすら、生まれていないことのほうが恐怖なのです。

マイナーチェンジは、マイナーチェンジでしかありません。建て増し旅館のように、ひとつのブランドに、幅広いラインナップを吊り下げていくことでもありません。過去や現状から学ぶことだけが、マーケティングやデザインではないし、そこに、送り手としての意志を埋め込んでいなければ、まるで、あんこのない大福のようなモノです。 さらに、担当者が細分化されることで、開発、マーケティング、製品、店頭、販促、広告等、すべてのアウトプットにストーリーが感じられないことが多々、起きています。それは、単なる組織的問題による課題ではなく、1つの意志によって、すべての活動が串刺しされていないから起こる現象なのです。 一方、僕らは、アジアの企業は、未来に向かって明確なビジョンがあることを知っています。日本にとって、これほど脅威なことはないのです。

ブランドマネージャーやデザインマネージャーが、今、僕らに求めていることは、1人の担当者が最初から最後まで責任を持つことができるよう、ブランドマネージャーやデザインマネージャーが自分の意志を、十分に可視化することができた道具(Tool)を用意すること。まずは、その道具(Tool)によって、沢山のブランドを取り巻く人々を、いかに熱狂させることができるかどうかだと理解しています。その先に、未来を輝かせる『意志が宿ったデザイン』が生まれるのです。

決して、ブランドやデザインを創るという責任は、限定されたデザイナーものであってはいけないのです。携わるすべての人の前に、平等にあるべきもので、そのすべての人の魂こそが、スティーブジョブスの言葉でいう「イノベーション」という言葉に変化するのでしょう。単なる美しいデザインが、人々を熱狂させる『イノベーション』に昇華させるには、チームシップで生み出すことが必要不可欠なのです。

4年前の、2008年のリーマンショックから今年の大震災という、日本の壮絶な時代と共に生まれた、バニスター。 日本発のアジアのブランディングエージェンシーとして、東京とシンガポールを拠点を置いて分かったこと。  今、日本、アジアそして、世界のブランディングデザインという考え方が、どのように変化してきているのかなど、 皆さんに、少しでも僕らの体験を理解して頂けるよう、2012年に向けて、ある1つのカタチに、まとめて行きたいと思っています。

Most of the major companies these days are restrained to accounting period and expected to steadily obtain excellent results. I feel that an idea to perceive designing as an asset has reduced in Japan, because of this. Moreover, plural issues such as social responsibility or stockholder prioritization has accumulated. Therefore, most of the Japanese companies has steered their way, building strategies on the basis of ‘nominal offence’ which substantially, merely a defense in their process of creating products.

Accordingly, there isn’t sufficient time to contemplate production and companies are compelled to declare their judgment in such a short period of time. Consequently an idea to compromise growth rate with being only few percent, or at minimal, stabilized has been dominant. That is to say, they don’t make a bet. They had put too much weight on steadily, decent process of creation and caused themselves a circumstance difficult to challenge.

However the medias seem to be misapprehending, stressing out that compatibility of steadiness and aesthetic sense is the key figures to pursuit Japanese prosperity. It’s impossible that there is only one way that Japan could pursuit. In this circumstance of national isolation, the word ‘challenge’ can be often regarded as an antonym to ‘steadiness”.

Originally, any ‘thing’ developed from a crooked, innovative format and gradually cell divided, transformed, inherited and refined into the present format that Japanese aesthetically acknowledge. Perhaps it is the filter inherited among us Japanese for a long time, is what we call an aesthetic sense. If anything, before we discuss aesthetic sense, the true terror lurks in the absence of crooked, innovative idea.

 After all, minor change can be merely a minor change. And it is not about manifold line-ups suspended from a certain brand, like an extended Japanese Ryokan hotel. Design and marketing isn’t merely about learning about the past or the present. Moreover, if there aren’t any ‘will’ of the sender at the core, it is like a hotdog with no sausage in it. And due to the subdivision of person in change, consistent stories are often cannot be seen among all outputs, such as development, marketing, product, storefront, sales promotion, advertisement etc. This is caused not merely from systematic issues but from the absence of principle axis. On the other hand, we know that Asian companies have specific visions towards future, and nothing is more menacing than this for Japan.

What the brand managers and design managers are expecting for us right now is to prepare a tool that enables them to visualize their own will, so that the person in charge can be responsible from the beginning till the end. And from those tools, we initially need to involve all the people surrounding the brand in to enthusiasm. And beyond this we will be able to produce ‘product with will’ that can lead Japan to prosperity.

 Responsibility to create brand or design should by no means be limited to specific designer, but equally distributed among the all the people who are involved. Only this spirit can turn into the word ‘innovation’, which the late Steve Jobs has stressed out. In order to transform mere design into enthusiastic ‘innovation’, teamwork is indispensable.

Bannister has thrived through domestic catastrophe starting from the Lehman shock to the great earthquake. As a Japanese originating branding agency, we want everyone to understand what we have acknowledged through our two bases, Tokyo and Singapore. Moreover, how recent Japan, Asia and worldwide branding designs are transforming. We would like to synthesize all of them into one certain form, heading for coming year 2012.