June 2011

Shall we facebook?

TwitterやらFacebookやらで、Blogがどんどん書きにくくなってきます今日この頃。Blogをおろそかにしてしまいました。皆さんお元気ですか?

今回は、ソーシャルメディアを通して少し感じたことを書きたいと思います。特に日本でも、TwitterやFacebookなどと、中でも英語が苦手な人にもFacebookは定着してきたように思います。僕自身も、Facebookを通して、学生時代の友人や、クライアント、仕事仲間、先輩後輩たちに繋がっています。Facebookは、今までの人との繋がりを、もう一度、整理しながら物理的に繋ぎ合わせてくれます。また、新たに出会った方々とも、名刺や年賀状よりも、すぐに深く繋がれるということは、やはりとても面白い体験ができるメディアです。

しかし、先日の日曜日、とある食堂で20代位の女子2人がリアルな恋話をしていました。僕が盗み聞きをしていると彼女たちは、イマドキの携帯についての話していました。 Aさん「ねーねー。携帯、スマートフォンに代えないの?」 Bさん「メールとか、電話しか使わないし。TwitterとかFacebookもやらないし。つーか、私、この携帯のシャンパンゴールドの色が大好きなの」 Aさん「ふーん。この色が好きなの?」 Bさん「うん。たぶん、シャンパンゴールド色のスマートフォンが出たら買ってもいいかも。」 推測するに、これは、スマートフォンとは何かが分かっていない女性たちの会話です。例えば、FacebookやTwitterの中で交わされる会話であれば、きっとこの呟きに対して、「iPhoneカバーで、シャンパンゴールドあるよ」とか、「スマートフォンってこんなこともできるんだよ。◯◯ちゃんもスマートフォンに機種変更したって!」みたいな、様々なソリューションや口コミが書き込まれていくことでしょう。そして、彼女たちもスマートフォンの楽しさを学習することができて、もっと今より理解できるはずです。

今、僕らは、特に20代の男女に注目して震災後のコンシューマインサイトをしています。彼ら達のマインドはどのように変化しているのか調べると、とても面白いものがあります。就職活動に対して不安を感じる意識、入社2年目での現実を知った意識、30代を目の前にした将来への意識を持っているなど、どの日本人も体験したことのない四面楚歌な社会状況の中で、良い方法を大人の誰に聞いても教えてくれないので、仕方なく彼ら独自の価値観で判断しています。だからこそ、子供の頃から携帯やパソコンを使って情報収集する彼らは、情報が混乱すればする程、実は、決して情報には左右されずに、ある部分は自分の意志を大切にして物事を捉え、決定しようとしていることが面白い点かもしれません。活用の仕方として、例えばいくつかのグループに分けられる友達と繋がりたい時や、バイトや就職活動など社会と無理矢理繋がらなくてはいけない時など、様々なコミュニティーと関わり合いをもっていて、無意識に情報ネットワークの仕分けがされていることも特長です。中でも、同年代との友達などの横の繋がりには強くて、情報処理力が早く、効率が良いことも上げられるかもしれません。そして、且つ慎重な判断をするのも彼らなのです。

FacebookやTwitterは、あくまでも、実際に遊んだり、会ったりする為のツール。例えばTwitterで、駅の掲示板みたく「今日、一緒に新宿で飲みたい人!」って友達全員に呼びかけている彼らをみると僕は嬉しくなります。出会いやふれあいを目的としたSNSの有効活用だからです。人との繋がりは普遍的なもの。かけがえの無い財産です。日本社会の空白の20年と共に育った彼らたちは、あらゆる情報の波の中で、冷静に、そして賢く、既存の大人達を眺めながら真の情報を見抜き、着実に実行していくでしょう。そしてその時、人の繋がりを大切してもらいたいのです。

やっと、僕らが創るべき未来が、ぼんやりと見えてきたように思います。 是非、Facebookで繋がりましょう。 理解し合いましょう。 そして、時間が許す限り語りましょう。会いましょう。 最後は、必ず行動にうつして実行しましょう。

学生や夢を持った方々大歓迎です。待っています。

Facebook: Masato Hosoya

Shall we facebook? And talk, meet, challenge and put in to action.

It’s becoming more and more difficult for me to the blog due to Twitter and Facebook.

This time I’d like to talk about what I felt through social media. Especially in Japan, twitter and facebook has been widely popularized even among people who are weak to English. I myself have connected to friends at school days, clients, business associates and friends from all generations. Facebook enables us to once again reorganize human relationship and connect physically. And it’s also fascinating to get familiar with people who came across at once more than greeting cards.

However, the other Sunday at the restaurant two girls about the age of twenty were having a realistic conversation on love. As I listen stealthily they began talking about up to date cell phones. Girl A “So you’re not shifting to smart phone?” Girl B “I only use mail and phone, and I don’t do twitter or facebook as well. Plus I like the champagne gold color of this cell phone that I own right now.” Girl A “Oh, so you like this color?” Girl B “Yeah, I might at least consider to buy if there is a champagne gold colored smart phone.” I presume that these girls don’t have profound knowledge about smart phones. For instance, if this conversation took place on facebook or twitter there might be feedbacks suggesting solutions such as “There is a champagne gold for i phone cover!” or “Smarphone can do things like this. And Girl C has also shifted to smart phone too!” And hopefully the girls can acknowledge the true enjoyment of smart phone with deeper understanding.

Currently we are conducting a consumer insight after this massive disaster, especially focusing on men and women at the age of twenty. It is interesting to investigate how their mind has changed. Surrounded by plural concerns such as job hunting, the reality they perceive at the second year of their work, how to proceed life aging to thirties and so on. More over the older generations does not have the answer as well therefore they have no choice but to make the decision by their own. Probably this is the interesting point that they have collected information using cell phone and computers from their childhoods, therefore the more information became complicated they have gained the ability to make decisions based on their own sense of values at some extent. For practical use, they unconsciously categorize plural information network into different types of friends or inevitable networks related to such as job hunting and part time jobs. Especially relationships between friends at the same generation are firm. This is probably because of the rapidness at information processing and efficiency. Moreover it is them that make the prudent decision.

Facebook and twitter are for actual meeting and amusements. For instance I feel happy to find someone tweeting “Does anybody want to drink today?” just like a bulletin board at a train station. This is because it is an efficient use of SNS. Connections between people are universal property. They who have nurtured in Japan during twenty years of vacancy will be able to sense reliable information beyond current adults and conduct practically, calmly and wisely. And at that time I want them to cherish connections between people.

Finally, the future we must create has emerged from the dim. Let’s connect via facebook, understand each other, discuss as much as we can, meet and ultimately actualize it.

I welcome any students or people with aspirations.

Facebook : Masato Hosoya