March 2011

今、僕らに何ができるのか。それを、考え続けています。 今回の地震の第一報は、シンガポールの空港で、羽田行の搭乗を待っている時でした。すぐネットを繋ぎ、ネット電話で東京メンバーの無事を確認しました。しかし、空港のテレビで見たCNNやASIA CHANNELのBREAKING NEWSで映し出された光景は、まるで悪夢のようで、パスポートを片手に思わずその場に立ちすくみました。当然、当日のフライトはキャンセルになり、次の日のフライトで、先ほど帰国しました。

そんな状況の中、ありがたい事に、地元シンガポールのビジネスパートナーやアジア各地やヨーロッパに住んでいる友人達が、とても心配してメールや電話をしてきてくれました。「マサトの会社のスタッフは大丈夫か?」「家族は大丈夫か?」と、とても気にかけてくれました。その瞬間、日本の外にいたからこそ感じることができた世界の人の温かさでした。

クリエイティブやブランディングという仕事を通して、日本発の新しいアジアのネットワークを創りはじめた僕たちが、小さなチームの会社として、今、日本のために何ができるのか考えています。美しく、素晴らしい国である日本があるからこそ、僕らはこうして、他の国でも新しいことに挑戦できるのです。

今こそ、日本のために、バニスターシンガポールを活かして、今の日本に少しでも貢献できることを、バニスターとして考えたいと思っています。

今、シンガポールを含む世界中の人々が、日本を心配しくれていることを忘れないでください。きっと、日本人は、また素晴らしい日本を取り戻すことができるはずです。

今こそ、上を向いて、胸を張って、力を合わせて日本全体がチームで頑張る時です。心の底から、今頑張っている方々の無事を祈りながら、このブログを書いています。

“What can we do now?” I’ve been thinking this over and over again. When I was informed about this disastrous earthquake in Japan, I was waiting for my plane bound for Haneda at the Singapore airport. Promptly, I confirmed safety of members in Japan office via Internet phone call. Although the havoc I’ve seen through the BREAKING NEWS on CNN, ASIA CHANNEL broadcast in the airport Television was nothing but pure nightmare. I couldn’t do anything but to stand paralyzed with the passport in my hand. The flight was canceled as a matter of course, so I took the flight next day and arrived back home just now.

But it was grateful to receive calls from business partners in Singapore and friends from Asia and Europe asking me, “Were the staff in Tokyo alright?” “Were your family alright?” they sounded really uneasy about it. That was the moment I felt kindness from people all over the world.

Through creative and branding activities, this Japanese originating company has begun building a new network in Asia. And now, we are thinking over what this small company can do for Japan. Therefore, all our present activities abroad are based on this beautiful countries prosperity.

Now is the time for us to effectively utilize ‘Bannistar Singapore’ in order to contribute to Japan.

Do not forget that nations all over the world are deeply concerned about Japan. And we believe Japan ‘WILL’ recover from this devastation and win back its previous prosperity.

Look up and throw out your chest. Japan must collaborate as one to endure this havoc. I’m writing this blog praying, hoping that everybody in this country will be fine.