February 2011

僕のブログは、東京とシンガポールの移動の飛行機の中で書くことにしています。移動する時間が、色々なことを考える時間になるからです。 東京—シンガポールは約7時間。考え事をするには十分な時間です。 ちょうど、このブログは東京に帰国する機内で書いています。

昨年から、僕は東京ベース。信岡はシンガポールベースで、 バニスターを新世代のアジアのブランディングスタジオとして、 着々とチーム創りを進行しています。 僕自身も月の3分の1はシンガポール、3分の2は東京という生活のリズムです。今回は、シンガポールの新しいスタッフを迎え入れる準備や新しいプロジェクトの話をするべく早速飛んできました。

毎回、新しいメンバーに会うと質問されることがあります。 「バニスターは5年後、10年後、どのようになっているのですか?」という質問。今回も彼からありました。 これは、僕らの秘密の話なので、まだ皆さんに詳しくお話できませんが、いつも、僕は3つに分けて 説明することにしています。 1つは、多様性や地域性。2つ目は、実現可能な組織形態。3つ目は、社会的役割と日本的なものについてです。この話を通して、Bannistarを本当に好きになってくれるかどうか、自分の目標を達成するために、 Bannistarで一緒にチャレンジしてみたいと思ってもらえるかどうか、ここでは僕の語り方がとても重要になります。 それと同時に、Bannistarの方向性が、違う文化の人々と共有できるのかということも感じ取ることができます。

今まで日本発のチームとして、日本人、シンガポール人、フランス人、タイ人、中国人による多元的創造力を持ったチームを創ってきました。そして、また来月から新たに、Bannistarにベトナム人の創造力が加わります。その度に、日本人として日本と共に生きて行くことは勿論、新しいアジアの枠組みの中でアジアの創造力とは何かを考えさせられます。

そして、経済成長が著しいアジアの国々や人々と出会うと、ブランドを創るという仕事は、どういう仕事なのか今もう一度考えさせられてしまうのです。衝動的なブランドを創るのではなく、アジアの本質的な価値によって何を創るのかということからやはり逃げられないのです。 だからこそ、僕らは国境を越えて、価値観を超えて、共感できるストーリーを創ることが大切になります。実は、ブランドを創るという仕事は、とても繊細なものなのかもしれません。理解をしてもらうために、常に研究して語り続ける事は大切です。今回も、アジアの人や空気から教えてもらうことが多くありました。

次は2週間後。また飛行機の中で書く事にします。 写真は弊社のクリエイティブディレクターのジトーと。彼のポラロイドで1枚。

photoasa.jpg

My blogs are written while on the plane between Tokyo and Singapore. It’s approximately seven hours one way, so it’s the most suitable time for me to think over some issues. I’m writing this on my way home to Tokyo.

From last year, Nobuoka has been arranged in Singapore and me in Tokyo in order to organize a team that can build Bannistar into Asia’s new-generational branding studio. I myself spend one third of month in Singapore and two thirds in Tokyo. This time I welcomed new Singaporean staffs and talked over some new projects.

Every time I meet new members most of them ask the same question, “What will Bannistar be like after five or ten years?” Well, this is still our secret plan so I cannot tell you all about the details but I always try to explain by three points. Which is, 1) Diversity and locality 2) Pragmatic team organization 3) Social roles and Japanese identity

Through these conversations, I try to confirm if they can truly love Bannistar and have their personal goals that corresponds to and challenge with us. At the same time I can perceive whether people from other nations can correspond to our goals.

Until now, we organized a team of polyphyletic creativity including Japanese, Singaporean, French, Thai and Chinese. And from next month a newly member of Vietnamese creativity will be joining us. Each time this happens it provokes to me thinking not only about how Japanese can survive with it’s own country, but also what Asian creativity can be like among this new Asian circumstances.

By meeting people from economically growing Asian countries, it recalls to me once again what branding business is all about. Which is not by creating a bizarre brand but from the essential values Asia possesses, and this is inevitable. This is why we must create a story compassionate enough to transcend every boarders and standards. Branding might be a sensitive business. It’s important for us to keep on studying and at the same time expressing what we’ve found out. Again I’ve discovered a lot by the people and atmosphere of Asia.

My next visit will be two weeks later. Stay tuned for more renewals! This picture is me with Szto, our creative director.

雪の伊勢神宮 : Winter in Grand Shrine at Ise

すっかり、2月も半ば慌ててブログを書いています。

先日、仕事の合間をぬって、念願の伊勢神宮へ行ってくることが出来ました。 恥ずかしながら、はじめての伊勢神宮。初めてなのに、雪のお伊勢さん。雪の伊勢が僕を歓迎してくれました。5年ぶりだそうです。 今年は、僕自身、初心に戻るということで身を引き締めることを考えていただけに、心を清めるにはぴったりの場所でした。

日本の外にでると日本の良さを探したくなるという心境というのでしょうか。 日本の心を探そうとしてしまうのだと思います。そこには、理屈ではない日本美の極致がありました。

僕が愛してやまないブルーノタウトが、彼の著書『日本文化私観』の中で、伊勢神宮を、「建築の聖地」であると賞賛しつつ、「世界の建築家はよろしく彼の地へと遍路の旅に上るべきである。なぜなら日本のこのまったく独創的な業績、その美しさこそ世界共有の傑作であるからである。」と発言していた場所で、僕には、実は、日本ではない異国のイメージに近いものがありました。そして、ドイツの建築家である彼が、半世紀以上も前に日本人に向けて語った言葉、これこそ、今の僕の考え方とぴったりと合います。

「日本人が自己とその新旧文化についていかに考えているかということこそ、国家の宿命ともなるべきものである。真の国家意識、他の国家に対する態度、それから最後に将来の日本が全世界に対して持つであろう価値、すべてはこの一事の如何に帰するのである。」(ブルーノタウト著「ニッポン」)

だから、近年大勢の方々が参拝されるのでしょうね。 また、必ず伊勢神宮に行きたいと思います。そして、桂離宮をもう一度見に行きたいと思います。 本当に、多くの発見があります。日本人として、世界と日本を対比しながら、地道に文脈を読み解くことが今必要なのでしょう。身が引き締まる思いです。

imge0a82b58zik3zj.jpeg

imgd3d1f35fzikdzj.jpeg

Winter in Grand Shrine at Ise

It’s already middle of February and I’m writing this blog in a hurry. The other day I went to the Grand Shrine at Ise on my spare time from work, which I’ve been hoping to see for a long time. This was my first visit but the Shrine welcomed me with its beautiful snowing white scenery. I heard this hasn’t been seen for five years. It was a great opportunity for me to remember what state of mind I was in at first, and brace up my resolution.

Maybe it’s because when I’m out from Japan, the more I become desperate to search what Japanese heart is. It was nothing but Japanese supremacy that I saw at the Shrine.

My loving architect Bruno Taut praised the Shrine as the ‘Holy Ground for Architect’ and says, “All architects must go on a pilgrimage to this place, for this genuine uniqueness and beauty is world legacy.” But my impression about this place was more close to an exotic image, somewhere outside Japan. And what this German architect has said nearly 50 years ago suits to my current way of thinking.

“The fate of this country relies on how deeply Japanese will consider its being and their cultures from the past to the present. An authenticity in awareness throughout the nation, attitude towards other countries and above all, the value Japan will possess against the whole world will lead to this single consideration.” (Bruno Taut “Nippon”)

This is probably why many people come to visit these days. I’d definitely like to visit again and see the Katsura Imperial villa once more. There are truly many discoveries. What we need to do right now is to compare Japan against the world from a Japanese perspective and read between the lines carefully.