January 2011

新年あけましておめでとうございます。

今年、考えている事を少し。 2011年から、僕らバニスターの合言葉は、”KEEP FRESH”。 最終的には、この言葉に繋がっていく話です。

2つの異なる流れの間で、どんなことを考えていくか、これが僕らのミッションなのだと確信しています。

元気のない日本。危機感を感じている日本。今、ヤバいと心底思っている日本人が、どのくらいいるのか心配になります。 人口減、高齢化、財政難。「これが、日本の身の丈」「日本には、まだまだこんな技術の高さがある」、この甘い考え方は、 完全に、もう棄てたほうがいいと思うのです。これが、2010年、僕が実感したことです。 日本は、成熟した消費だからこそ、クオリティのための消費創出と、競争のための消費創出は分けて考える 時代に突入したのだと思います。

脈々と受け継がれて来た文化的な技術やモノづくりこそ、マーケットは世界にある。 そこに付加価値がついて、日本の文化が、世界を豊かにするモノになっていくのです。 地に足をつけているだけでは、次にいけない。地に足をつけながら、1段上に飛んでみることが、 人も、カネも、内需だけでは保つ事ができない、日本の継承文化を守る唯一の方法です。

一方で、日本よりも先にアジアNo1、世界No1の旗を取りに、物凄い勢いで戦っている中国、韓国、 シンガポール、アメリカ、インドなどの競争が渦巻いています。 この競争では、少しでも甘い気持ちは許されません。マーケットNo1になることしか、生き残ることができない世界。 ここには、スピードと、戦略と、突破力が必要です。

つまり、受け継がれた技術やモノづくりをどうするかという問題と、 世界で一番になることの問題は違う次元で考えられるべきだと思うのです。戦い方が違う。 しかし、僕らからみると、どちらもブランディングが必要な問題です。 世界にどこにもないOnly 1のブランドを、どう世界で売るか。世界でどうやって、Best 1のブランドになるのか。

ただ、どちらも明確なのは、 誰かが、日本の外で、出稼ぎをしてこないと内需なんて一気に吹っ飛んでしまうということだけは分かっているということです。 みんなが、ご飯を食べていくためには外に出て稼がないと、借金まみれの国では、四面楚歌の状態が続いていき、 内需だけでは、日本という船は大きくなりすぎて、もう沈みかけていることに、いい加減 日本人全員が気付くべき時になってきたということです。嫌だとか、やりたくないだとか言ってられない非常事態なんだという 自覚が無さすぎるのだと思います。

そのためには、日本のお家芸である「質」と、内需だけでは潤わない「量」を、どうやって守り続けて、共に成長させて行くかが重要です。 「質」だけを守ることは簡単です。それをどうやって「量」につなげるか。もしくは、「量」に専念して、体力を付けて必ず「質」を守り抜く。 守る人と、攻める人。ディフェンスと、オフェンス。量を無視して、質だけを追い求めても駄目です。続いて行きません。 守りたい人同士で、寄り合っても駄目です。一緒に死んでいくだけです。

昨年から、日本にきちんと土台を置きながら、その攻め方を考えてきたバニスターですが、 まず第一弾として、東南アジアの中心、シンガポールに拠点を置いて今年で、2年目を迎えます。 肌で感じる実感として、日本の強さ、弱さを知っています。だからこそ、どうやって日本を売り込めば良いのかが、十分に理解しています。 そしてなによりも、日本のメディアが取り上げているアジアの情報の遅さや薄さにがっかりしています。

今、僕らは日本人チームと、日本が大好きな現地のチームとともに、No1を創るのか、Only1を創るのか、 常にモードを入れ替えながら「ブランドを創る」という仕事をしています。アジアや世界を見ながら、日本を考える。 僕らは、視点を常に双方向にしている、新発想のブランディングエージェンシーです。

さあ、見えてきました。

今、日本は、とにかく負けています。 しかし、自ら肌で感じて、私たちは勝ち方を知っています。 その合言葉が、『Keep Fresh』なのです。

後ろを振り向かずに、前を向いて。 ニッポンブランドこそ、今世界中、みんなに求められているのだと自信をもつべきです。

合言葉は、Keep Fresh!  私たちと一緒に、創りましょう。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

World expects for Japanese brand. Keep fresh!

Happy New Year! I’d like to talk about some things that are on my mind for this year. From 2011, our motto is “Keep Fresh” and what I’m going to talk about will ultimately lead to this conclusion. I believe that our mission is to seek the best way through between two different trends.

Currently, Japan has lost its strength and facing a sense of crisis. I wonder how many Japanese are actually concerned about these problems such as population decline, aging society and economic difficulties. Self-indulgent thoughts such as “This is what Japan fairly deserves.” or “We still have the technology.” are no more valid. This is what I thought last year. From now on, Japan as a matured economic country ought to regard consumption as a division of quality and competition.

Cultural technology and manufacturing that has been inherited for a long period of time is what we must pursue through global market. And the values accompanied to it will make Japanese culture indispensable for worldwide proliferation. We cannot ascend to the next phase by only keeping ourselves down to earth. At the same time we need to attempt jumping to a higher level, and this is the only way to preserve Japanese culture because our domestic demand has already come to a limit.

On the other hand, countries such as China, Korea, Singapore, America and India are fighting desperately to win the championship. There is no self-indulgence permitted in this competition, and the only way to survive is to become No.1. Speed, Strategy and power to breakthrough are indispensable here.

Therefore, what I want to emphasize is that we ought to consider traditional preservation and winning championship among the world as a different issue. The tactics are essentially different. However from our point of view, these issues both needs branding. How can we sell a truly unique product through out the world? And how can we make it into worlds best brand?

 What’s obvious is that someone has to work away from home, or else domestic demand can collapse any time. The time has come for Japanese to notice that this heavily indebted country will proceed with isolation and by merely relying to domestic demands the ship we’re on will sink. We must take this seriously as an emergency and there is no time for complaints.

From this, we must focus on how we can preserve our specialty as ‘quality’ and at the same time promoting the ‘quantity’ which is far out of hand from our domestic demands. It’s easy merely preserving the ‘quality’, but the difficulty is how we can develop into ‘quantity’. Or concentrate on the ‘quantity’ and develop strength to preserve the ‘quality’. We cannot overly incline to either side but to maintain the balance through the collaboration of defense play and offense play.

From last year, Bannistar has thought over the strategies how we can strike on the basis of Japanism. For this first step, we established a base two years ago in Singapore, which is the current center of Southeast Asia. We knew the strength and weakness of this country through these activities. Therefore we thoroughly know how to promote Japan, and above all, we are disappointed in how insufficient and dulled Japanese medias are to update Asian information.

Currently, we are collaborating between Japanese team and Singaporean team that respects Japan in this ‘brand creating’ business. We always fluctuate our mode depending on situations whether to apply the idea of becoming No.1 or the only one. We innovate branding agency by thinking over Japan from a worldwide perspective.

Now, we’re starting to see. Honestly speaking, Japan is losing. But we know this inferiority from our actual experience and that’s why we know how to win. And the word to it becomes “Keep Fresh”.

Don’t you dare to look back and be confident because world expects for Japanese brand. The word is “Keep Fresh!” We’ll create together.