November 2010

今年の夏頃でしょうか、以前から親しくしている京都を拠点にしているアートNPOリンクの樋口さんのご紹介で、淡路島で地域活性化のために活動されているメンバーの方が、会社に遊びにきてくれました。 沢山の淡路島の魅力、淡路島ブランドの活性化施策など話を聞かせてもらい、是非淡路島でセミナーをやって欲しいというお願いでした。残念ながら、今回はそのセミナーは実現しなかったのですが、その中でも僕がずっと覚えていたのは、「実は最近売り出し中で、淡路島の淡路牛と、淡路島でとれた淡路玉ねぎとで作る牛丼があるんです。”淡路島牛丼”っていうんですけどね…..」という話。ぐぐっと、魅力を感じたわけです。淡路島…..埼玉出身の僕は、関西の地理感も淡路島のことは何もしらないわけで、何か「島」と聞いただけで、冒険的なロマンを感じてしまうわけです。江ノ島?八丈島?奄美大島?島と聞けば、ざっとこんなイメージです。しかも、牛丼という、とてもやんちゃで少年心を誘うようなソウルフード。そして、ルーツは但馬牛である淡路牛。淡路島の但馬牛の子牛は出荷されて松阪牛や近江牛の素牛になるのです。淡路島の但馬牛が、神戸に出荷されて神戸で商品化すれば、外国人が目をキラキラさせて喜ぶあの神戸牛です。そして、有名な淡路たまねぎと淡路米。個人的には、ソーキそばや、ゴーヤチャンプルより、食べたい衝動にかられてしまいました。 「これは、ブランド化できる!」というか、淡路島に東京から人を連れていくことができる!と思ったのです。いや、アジアから直接、人を連れていくことができるかもしれない。今や牛丼は、アジアの先進国ならどこにでもある日本のソウルフード。アジアで増えている日本食のお店は、ラーメン屋、居酒屋、そして牛丼屋です。

というところで、この話は、次へとつづきます。 つまり、これから「淡路島牛丼」の魅力を伝えるプロジェクトを始めます。 吉野家か?松屋か?淡路島か?今、淡路島には、50店舗の様々な「淡路島牛丼」が食べられるお店があります。さあ、一緒に、淡路島牛丼を食べる旅に出ませんか?

みなさん、つぶやいてください。「淡路牛は、出荷されてあの神戸牛や松阪牛になるんだけど、実は、淡路島牛丼で、その美味い牛丼が食べられるらしいよ。」って。

http://www.awaji-navi.jp/awagyu/

Last summer a member of ARTS NPO LINK who works for the local revitalization in Awaji Island visited our company through the introduction of our acquaintance Mr. Higuchi from the said institution. It was an offer to operate seminar at Awaji Island, and he told us many fascinating stories about Awaji Island and its local revitalization branding strategies.

Unfortunately, the seminar it self did not actualize but the story about their promoting ‘Awaji Island Gyudon’ made of local beef and onion was deeply impressive. For a person like me from Saitama prefecture have only slight knowledge about the geography of Kansai or Awaji Island and the term ‘Island’ gives me such a romantic impression. Moreover, ‘Gyudon’ is a soul food familiar to every folks here in Japan. Youngsters just love it. All of these features lead me to evoke a juvenile-esque romanticism.

The renowned Matsuzaka beef or Oumi beef originally were calves from Awaji Island’s Tajima beef, and also Tajima beef is shipped to Koube and becomes Koube beef as well. With the Awaji onion and rice this ‘Awaji Gyudon’ has appealed to my appetite more than ever and I thought to my self “This product can be branded and become an impetus to bring people down from Tokyo to Awaji Island!” or even directly from Asia.

Currently ‘Gyudon’ prevails throughout Asia along with Ramen or Izakaya. So this is why we are launching a project in order to broadly convey the essence of ‘Awaji Island Gyudon’. There are about 50 ‘Awaji Island Gyudon’ shops in Awaji Isaland right now so why don’t we go there and try out?

Therefore everyone please tweet “Awaji beef becomes Koube beef or Matsuzaka beef, but actually you can taste those superb beef by eating ‘Awaji Island Gyudon’”.

ピクチャ 9.png ピクチャ 6.png ピクチャ 8.png ピクチャ 7.png

A creative greenhouse of the east.

Our dreams are like exotic trees.
No one tree are the same yet.
They're unique + purpose to bear good fruits.