August 2010

8月から、香港から新しいチームメンバーが、シンガポールオフィスへ、 タイから新しいチームメンバーが、東京オフィスに同時に加わりました。 日本人、シンガポール人、中国人、タイ人という、多国籍チームにどんどん進化しています。

早速、バニスター恒例の、Welcom Partyです。 美味しいものを食べて、お酒を飲んで、いろんな話をするって、当たり前だけど幸せなことですね。 こうして、みんなの楽しそうな顔を見ていると、幸せな気持ちでいっぱいになります。 英語、日本語、タイ語、広東語、etc… いろんな言語が、同じテーブルで飛びかう食卓は、僕らバニスターの象徴だなと思うのです。

いろんな国のスタッフが増えるたびに、やってみたいことがあります。 どの国にもある、格差の問題、都市と地方を考えながら、アジアを考える。 だからこそ、アジアのスタッフと一緒に、日本各地をまわりたいと思います。

だれもやってみなかったことを、バニスターはやってみる。 強いブランドを作ることも同じです。そこに価値があります。

アジアからみた名古屋。鹿児島。広島。山形。北海道のように、東京を中抜きしてみることも、この状況を打破する1つの方法です。 地方の素晴らしい商品を直接アジアへ、ブランド戦略を持ち込んで、一気にジャンプする手法をまとめてみたいと思います。 もはや、今までのような、戦略だけの堅物なロジックだけの方法論で片付けられるわけがありません。 その答えがバニスターにはあります!

是非、ご興味がある方はお問い合わせください。お待ちしております!

party.JPG

From August onwards, we’ve a new member from Hong Kong in Bannistar Singapore office and simultaneously another member from Thailand in Tokyo office. We’re gradually teaming up a multi-national team group, recently from Japan, Singapore, China and Thailand.

As usual, it’s customary for Bannistar to have a welcoming party for our new member, having delicious food, good wine and chitchat. Obviously, what a wonderful night! It was such a great feeling to see everybody enjoying their moment. Lots of languages flying around on dining table, English, Japanese, Thai and Cantonese, is this really becoming a symbol of Bannistar? I wondered….

I’ve something new I wanted to try every time I have new staffs from other countries. While thinking of a difference between urban and rural area and the fact that a problem of disparity between the rich and the poor exists in every country, I think of Asia. Then, I’d love to travel around Japan with my Asian staffs.

Bannistar would love to challenge something new that other people do not usually do. It’s like building a strong brand…. and then comes the value.

There is only solution for current situation when we see, from Asian aspect, Nagoya, Kagoshima, Hiroshima, Yamagata and Hokkaido, excluding the capital Tokyo. It would be great to actually gather all techniques to bring in brand strategy and fascinating products from rural area directly to Asia at once. It’s not about setting up methodology with only old-fashioned belief and strategy. Bannistar has an answer for that!

If there is anything you’d like to know more, don’t hesitate to ask. Really looking forward to it.