July 2010

日本で選挙に行って、すぐシンガポールにやってきました。しかし、日本の政治についてのニュースなど何もやっていないのです。こうして7時間かけて、飛行機に乗って日本から飛び出し、頻繁にアジアと日本を行き来すると、日本で議論されていることの幅の狭さを実感するのです。先月も香港に出かけた時に感じました。だれも、他人の家の、庭の話などしないのです。USやEUならともかく、アジアなのに、日本の今の状況を感じない。これって、どういうことなのでしょうか。

政治の話をするのはあまり好きでないのですが、、、、様々な問題に対してスピードが求められている今、消費税云々いかなる理由であれ、政治がこのまま、ねじれた状態で良いという判断をした日本人。政治がねじれているということは、「スピードが鈍る」「決定が遅くなる」ということです。なんというか、その判断に、日本人らしい慎重さも感じつつも、どんどん、すべてのことから取り残されている怖さも感じてしまうのです。そのことを日本人は理解してるのでしょうか。

スピードのある決断と、的確で細やかな視点。この両輪が、一気に機能しない限り、外から見たとき、日本の価値は半減します。それを僕らはいつも感じているのです。決して必ずしも勝ち続けたいわけではない、しかし、バカにはされたくない。それが僕らが考える、日本人としての誇りの守り方です。そのためには、スピードのある決断が必要不可欠です。

先月は国内を走りまくりました。今週いっぱい、シンガポールにいます。 だから感じることがあります。実感したこと、少しでもいろんな方々に伝えられることができれば。。

なんだか選挙の候補者みたいなメッセージになってしまいました。ははは。笑

また7月の後半は、国内を、猛スピードで駆け巡ります!

追伸; ニュースページを更新しました。「Feel evian 2010」 http://www.bannistar.com/sys/html/news/

I caught a flight to Singapore right after I went to the election in Japan. It took me 7 hours to commute. In Singapore, I didn’t hear any news about Japanese election at all. I realized that other countries do not really discuss much a topic regarding current situation in Japan since I often commuted back and forth from Japan to other Asian countries. I even felt this way when I was in Hong Kong last month also. They do not really talk about affairs of other countries. For EU countries and USA, that might be understandable. Yet, for Asian countries, not wanting to know about Japanese current situation…. Is this really okay?

I usually don’t enjoy having conversation about politics much but…… It is needed nowadays to have a fast solution for various problems. Even thinking of reasoning of “consumption tax case” in Japan, there are many Japanese people who are totally fine with current politics and a distorted condition. “Distorted condition,” in other words “slow decision making.” In spite of the Japanese cautious discretion, gradually, I have a feeling that we might be left behind. Well, would any Japanese ever think of this matter?

Considering quick decision and precisely detailed viewpoint, from outsiders’ aspect, the value of Japan is half-decreased if these two elements are not functioning properly. We always feel in this way. I don’t necessarily mean that I want to always keep winning but I just don’t want to be looked down on. That’s the way we think, as Japanese, I guess… the way to keep our pride. That’s why fast decision-making process is essentially necessary.

I walked quite a lot in Japan last month and Singapore for this whole week. I thought it would be nice if I can share this feeling to everyone…

Jeeezzzz, how come my note turned out to sound like some candidate’s message for election campaign? Hahahahha! Perhaps, I need to start walking with speedy pace for the rest of the month.

3歳になりました。 Happy 3rd birthday, Bannistar!!!

おかげさまで、7月1日に、バニスターは3歳になりました。 9人で祝った3歳の誕生日。1年目は、4人で。2年目は、5人で。いつの間にか、シンガポールチームと東京チームで9人。バニスターファミリーがどんどん増えています。その分、嬉しい気持ちがいっぱいです。7月1日は、シンガポールチームでは、信岡の自宅で日本のカレーパーティー。東京チームでは、神楽坂の商店街でケーキを買ってきてみんなで会社でお祝い。ささやかですが、幸せな気持ちでお祝いができました。

3年目を迎えて、Bannistarはアジアのチームに進化しています。この夏から、日本人、中国人とタイ人のデザイナーやスタッフが加わり、バニスターはパワーアップしていきます。中国語、英語、日本語。。。そして、タイ語? 僕らのコミュニケーションは、沢山の言語が日常的に入り乱れます。そして、全員に共通しているのは、良いものを創りたいという熱いsoulを持っているということ。僕らの素晴らしい財産を日々実感しています。

今月は、日本各地を回り、シンガポールにも行きます。 日本のメーカーにも、熱いsoulを持って頑張っている方が、まだまだ沢山いらっしゃいます。皆さん各々のお立場で危機感を抱いているからこそ、新しい成功が生まれます。熱いsoulを持っている方々と、これからも僕らは出会い続けていきたいと心から思っています。そして、僕らは、想いをカタチづくる黒子であり続けたいと思っているのです。

新しいニュースとしては、シンガポール政府と共に、日本のデザイン力を活かした新しい試みへの実験が出来そうです。皆さんの想いがカタチになるように。hybridでありながらneutralな存在に。クリエイティブは、journalisticにsparkleにすること。どんな煌めきを僕たちは放つことができるのか、自分たちの成長も楽しみにしていきます。

Finally, Bannistar has turned 3 years old on the 1st of July. 9 of us celebrated Bannistar Birthday, 4 in the first year and 5 in the second year. Woooww….I didn’t realize we have 9 members in Bannistar already, both Singapore and Tokyo. Our family is obviously getting bigger. In a way, I am very happy for this. On the 1st of July, in Singapore, everyone had a “Curry Party” at Nobuoka’s place. In Tokyo, we bought cakes from a store in Kakurazaka street and celebrated in our office. It’s nothing much but we had a happy moment celebrating this special occasion together.

Warm welcome for the 3rd year, our Bannistar team from Asia is progressing. From this summer, we will have more staffs and designers from Japan, China and Thailand; “Bannistar Power Up.” Chinese, English, Japanese….. and then Thai? We might have to start using various languages in our daily communication. Plus, something in common for everyone is to have a passion to do good deeds. We cherish this very quality of ours day by day.

This month, I’ve been around Japan and then flew off to Singapore. There are still plenty of people, especially some Japanese manufacturers, who make efforts to have this passion. As we possessed a sense of danger, from everybody standpoint, then new success is born. Who that has this passion and we, from now on, would like to keep confronting. Then, we would like to continue being a back-stage back up to shape up the thoughts also.

FYI, altogether with Singaporean government, it seems we’ve accomplished experimenting this new trial by using Japanese design creativity. Try to shape up everybody’s thought… to neutral existence with hybrid quality. “Creative” means to make things journalistic and sparkling. How much we can give off this sparkle, well… we are enjoying seeing how we grow each day for the time being.