January 2010

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
皆様に、ご報告があります。バニスターにとって、今年は新しいチャレンジがまた1つ増える2010年がスタートしました。来る2月に、バニスターシンガポールオフィスが開設されます。アジア市場でのオフィス開設は、創業時の僕たちの大きな夢でもありました。僕たちの夢のひとつとして持っていたのは、アジア市場でも同じく、ストーリーからデザインへ考える、左脳と右脳を刺激する強いブランドを創るチームを立ち上げることでした。これは、日本とアジアを一体化として考える、極めてボーダレスなアプローチへの挑戦です。

中国13億5000万人、インド11億9000万人、インドネシア2億2000万人、ベトナム9000万人などアジアは35億人の人口を擁しています。世界経済の中心は多彩な様相を呈しながら、徐々にしかし確実にアジアに向かいつつあります。今年は、その流れは一層明確になると思っています。その流れの中で、日本は優れたモノづくりが生まれる、安定した尊敬される国として確固たる地位を占めて行かなければならないと改めて思います。そのためには、アジア35億人の人々と共に楽しみながら、アジアの家族として、日本の持つ高度技術や安全性、品質力、デザイン力など様々な日本の知識をアジアの人々に享受してもらうことであると考えます。また、アジアの人々には共通の認識があると思っています。昨年、僕は、時間があればアジア各国を歩き回り、人や都市のエネルギーを体感することをしてきました。そこには、アジア人として理解し合える、言葉ではない精神的なつながりがあると確信しました。歴史的な視点で見れば、悲惨な時代を強制してきた日本があります。しかし、同じくアジア人としてここまで世界に台頭して来たという誇りも同時に感じます。
アジア人には、特有の誇りがあると思います。植民地や戦争という苦しい時代があったからこそ、粘り強い底力のようなものがアジア人にはあるのかもしれません。

日本発のチームであるバニスターは、アジア人の一員である日本人としての使命感を持ち、ストーリーからデザインへ考える、左脳と右脳を刺激する強いブランドを創ることをアジア市場で挑戦したいと思っています。僕たちは、そのベースをアジアのハブであるシンガポールであると考え、今回オフィスを開設することができました。僕らには、既に昨年からシンガポール人やフランス人のメンバーがいます。さらに今年は、中国人やタイ人のスタッフも、バニスターのメンバーとして参加することになります。多国籍チームになると、それぞれが違う価値観で、違う視点で、意見を言い合う。これはとても大切なことで、前向きな摩擦が無ければ、新しい解決方法は見つけることができません。恥ずかしながら英語が苦手な僕は、実はこの1年半、この夢を実現するため英語を勉強してきました。(笑)でも実は、大切なのは英語ではなく、お互いの価値観を理解し合い、刺激し合うことです。そして、強い信念を持つこと。その異なる視点を認め合い、楽しむことが大切であるということを実感しています。

これから僕らバニスターは全員、東京とシンガポールは勿論、アジア各地を走り回り、移動し続けていくチームになります。僕は、引き続き今年も同じように、東京だけでなく日本全国各地も走り回ります。鹿児島にも、北海道にも、大阪にも、京都にも、長野にも。(笑)
自ら移動し、人と出会い、空気を感じて、市場を知る。とにかく体験し、実感することを大切に、今年も頑張ります。これからバニスターは、東京オフィスとシンガポールオフィスという二つのオフィスをベースとして、日本を含めたアジア市場でのブランディングデザインチームと言えば、バニスターである。と、皆様に認識していただけるよう、今年も更なる飛躍を求めて、スピード感と挑戦する心を大切に、スタッフ一同邁進して参りたいと思います。どうぞ、今年もバニスターを可愛がって頂ければ幸いです。シンガポールオフィスの状況は、また写真などを含めて皆様にご報告できればと思っております。新春を迎え、皆様の益々のご発展をお祈り申し上げます。


追伸:WEBサイトを、リニューアルしました!
http://www.bannistar.com