June 2009

kawabe_image.jpg株式会社星野リゾートが運営する、軽井沢にある星野温泉/星野エリアに、来る7月11日(土)湯川のせせらぎとハルニレの木立に囲まれた小さな街、「ハルニレテラス」がオープンします。バニスターは、2008年夏から、ネーミング開発とロゴマークデザイン開発に参加しました。

軽井沢で100年以上の歴史がある星野リゾートは、古くから自然との共生を目指しています。
この計画も川辺に植生する100本近い巨木の「春楡(ハルニレ)」は倒木の危険性があるもの以外は伐採せずにそのまま残すというものでした。自然の景観維持と保護のため、樹々に溶け込むよう木製デッキを巡らせて、来訪者が川辺の植生を傷つけずに木立の中の浮遊感を楽しみながら散策できる空間です。

ハルニレと湯川の匂いと音、身体いっぱいで感じることができるハルニレテラスは、都市型ショッピングモールとは一線を画し、川辺に植生する樹木をそのまま残して設計をした洗練さされたモダンで美しい空間。店舗棟には、軽井沢や信州素材にこだわったレストラン、カフェ、デリカテッセン、ワイン、日用雑貨、リラクゼーションなどの店舗が並びます。

この夏休みは、軽井沢のハルニレテラスへ!
さあ!みんなで、行きましょう!

http://www.hoshinoresort.com/company/news/2009/06/2009711-open.html

来る7月1日で、バニスターは1歳になります。まだ1年?もう1年?
いろんな想いが駆け巡りますが、ここまで頑張ることができたのは、
何よりも支えて頂いたクライアントの皆様、サポートを頂いたパートナーの方々、
すべての皆様がバニスターを暖かく見守って頂けたからこそ。
本当に、心から感謝の気持ちで一杯です。この場を借りて、改めて有り難うございます。

この1年は、様々な挑戦にチャレンジしながらも僕たちにとっては基礎の1年でもありました。
まだまだ、僕たちの基礎づくりは必要不可欠です。
理解し合い、信頼し合い、いかに長期的な関係を築きあげるか、
それは、モノづくりやブランディングと呼ぶ人もいるでしょう。もしくは、サスティビリティやエコと呼ぶ人もいるでしょう。

今、正しく、融合する時代のリーダーシップが新しく求められている空気を日本やアジアを知ろうとしている、僕たちは切に感じています。
だからこそ、基礎を固めながらも、僕らも、いつでも呼ばれる準備をしておく。
ひたむきな心こそ、日本人のDNAです。
バニスターも、その覚悟と共に、次の時代への準備を初めています。

消費行動傾向性をアナライズし、次の購買を予測するマインドビルダー、
戦略的かつ本質的な創造力で、ブランド構築の実現へと導くブランドビルダーとデザインビルダー、
バニスターの機能を双方融合しながら、「お客様の真実を知る」ことを目指し続けます。
至って、シンプルです。階段の手すりように傍らでそっと見守りつつ、時には、しっかりと支えることができような存在になるために、
僕たちが目指す階段の手すりになるには、日々を積み重ねた鍛錬が必要です。

どうぞ、次のバニスターにご期待ください。


http://www.bannistar.com