新しいブログはこちらへ移行しました。

新しいブログはこちらへ移行しました。

http://www.bannistar.com/blog-ja/

7月1日で、BANNISTARは5年目を迎えることができました。

ここまで、自分がどうやって走って来たのか正直覚えていません。 過去なんか振り向かず、とにかく我武者羅でしたから。笑

しかし、多くの方々に支えて頂き、BANNISTARを心から信じてくださったからこそ、今、5年目を迎えられたのです。感謝し尽くせません。 心から有り難うございます。

現在、僕らのチームの半分は、日本人以外のメンバーです。 BANNISTARは、純粋な日本の会社ですが、増々、日本人メンバーの比率が少なくなっていきます。

例えば、クリエイター達にも、突然朝「今夜の便で、シンガポールオフィスに行けるかな?」と説得したりします。ですから、極端な話、僕らは常にパスポートを持ち歩いていなくてはいけません。僕も、東京と大阪のような感覚で、シンガポールと東京の往復です。

シンガポールチームは、東京のプロジェクトにもほぼ参加します。時差が1時間しかありませんから、ほぼ同時に東京とシンガポールの、2つのチームが動いています。東京チームが隣にいるかのようにSKYPEで繋ぎ合っています。

毎日、2つのチームが交錯しながらプロジェクトがどんどん進んでいきます。近頃、「旅客機がBANNISTARのオフィスだったら良いのに。」と真面目に考えていたりします。当然、そんな飛行機はまだまだ買えませんけど。w

この4年間、シンガポール人、中国人、マレーシア人、タイ人、フランス人、オーストラリア人、インドネシア人、日本人等、様々な国籍のメンバー達が、BANNISTARというチームを作り上げていきました。

もし、こんな会社に興味がある人がいたら、まずは僕に会いに来てください。(勿論、国籍問わず)

僕たちの使命は、日本から生まれたブランドストラテジスト&クリエイティブチームとして、国籍や文化を超えた今までにはない価値観で、ストラテジーやクリエイションを創造し続けることです。今迄の成功体験は棄てないといけません。

しかし、日本のチカラは、BANNISTARというチームの揺るぎないDNAです。 僕らは、必ずいつか、温かく見守ってくださった皆様のお役にたてるように、前へ前へと、新しい挑戦をし続けます。

5年目を迎えるBANNISTAR。どうぞこれからもご期待ください。

日本では、今、誰に聞いても、もはや日本は生まれ変わらないといけないと思っているのではないでしょうか。経済危機、震災復興、エネルギー問題、人口減少、地球温暖化、格差社会、年金問題等、出口の見えない問題が山積で、ニッポン人誰しもが、本当に解決できるのであろうかと不安と混迷の中にいます。その打開策のひとつが、今、アジア成長戦略になっています。

<1.アジア拠点を置く意義> 私たちバニスターは、消費者インサイトから事業戦略や商品戦略を構築し、パッケージデザイン/プロダクトデザインを起点にクリエイションし、空間や広告までブランドコミュニケーションをデザインする、ブランディングチームです。

日本国内だけではなく、日本発からアジアへ、そして世界へも通用するチームづくりを目指して僕らは2008年にスタートしました。東京オフィスを開設し、そして、2009年にシンガポールオフィスを設立して以来、自らができる中で、日本とアジアをどのように繋ぎ、ブランディングデザインでどのように未来を創造するのか考え、チームの中で議論し続けてきました。

今まさに、シンガポール進出3年目を迎え、日本がアジアに出ていくということはどんなことなのか理解し、温度として実感することができています。誤解してはいけないのは、単なる高い技術力とモノづくり力のニッポン魂だけで、世界どこでも勝ち続けることができるという確証は、必ずしもないということです。グローバル企業は勿論、私たちが仕事をおこなっているシンガポールやマレーシアの地元企業も、地理的優位を活かして、同様にアジア市場で勝利をおさめることを狙っています。その中で、日本独自の差別性を模索し、アジア市場で求められるニーズにどのように柔軟に適応できるかが明暗を分けます。つまりそのために必要な事は何か。それが私たちバニスターの答えになっています。 2009年当時、僕らバニスターは、シンガポール進出をする上で3つのバニスター(3つの手すりという意)を考えました。

A.「日本からアジア」を支えるバニスター B.「アジアからグローバル」を支えるバニスター C.「アジアから日本」を支えるバニスター

歴史的にみても、アジアは、日本も反省すべき悲しい歴史と植民地支配が繰り返されてきました。一方で、紀元一世紀の頃は、アジアは世界のGDPの76.3パーセントを占めていたともいいます。今こそ、自立した新しいアジアを考える時に、すでに、1人ひとりに潜在的に備わっていたアジア人としての誇りやココロ、人間力、クリエイション力を最大限、呼び覚ますことが必要だと考えました。まさにそこに貢献するチームであることが、バニスターの使命であるのではないかと考えています。アジアだけでなく日本国内でも、地方分権やモノづくり力の活性化への運動として再認識され、大きなうねりになろうとしています。そして、次は、アジアの活性化と繋ぎ、継続することこそが、日本をさらなる高見へ導くはずなのです。継続する大切さは、歴史的に見ても日本が身にしみて感じていることです。ですから、信念のある日本的なるビジョンの数々は、アジア諸国でリーダーシップをとることができ、継続性の大切さを訴えることができるはずです。

<2.独自のナショナリティを尊重する> しかし個々のアイデンティティというものは、半永久的に、均一化グローバル化するものではありません。日本人には日本人の、シンガポール人にはシンガポール人の、中国人には中国人のアイデンティティがあり、社会があり、歴史があり、文化があります。深すぎる程深く、壮大すぎるほど壮大です。私たちの研究など計り知れていますが、私たちバニスターにしかできない探求心とクリエイション力を持って実験してみるつもりです。その原動力は、自分たちが自ら日本を飛び出し、痛み、笑い、泣き、喜びながら、人のつながりを作っていくこと。その出会いや体験を通して、空気を感じることでしか近道はないと思っています。

Think Future Projectとは、人への深い洞察から、暮らしの未来を描き出す方法論です。

世界を見渡すと、人口は増え、高齢化、組織の形態は変わっています。世界がフラット化し、Facebookで毎日つながり、出会いを整頓し、情報をシェアする。まさに、階層が無くなり最小単位である1人という個人が台頭する時代が始まろうとしています。

<3.モノと人との関係> 人はモノを求め、人にも心があり、暮らしを彩るモノにも心がある、まさに、人とモノの関係を探る旅です。人とモノの世界がどのようにコミュニケーションするのかを考えることが、未来への答えを導きだせるのではないかと考えています。 GKグループを創業した栄久庵憲司氏の著書の中で、こんな一説があります。「地球から生まれているモノの世界は、人間の力を借りることがあります。だからといってモノの世界は決して人間世界に従属しているわけではありません。(中略)モノの世界の効用は人間自身にかかっています。」

正しく、Future Bannistarが見つめる先は、2101年。

今から約89年先の未来を考える、人を知り、モノを知る旅です。想像してみてください。 今年生まれた赤ちゃんが、89歳のおばあちゃんになった時が2101年と考えると、そう遠くない未来を僕らは考えるべき時にあるのです。

僕たちバニスターが、これから8年間かけて行うThink Future Projectがなぜ動き出したのかという理由を、1.アジア拠点を置く意義、2.独自のナショナリティを尊重する、そして、3.モノと人との関係という視点で説明してみました。

近日中に、1月に鹿児島で行ったThink Future Projectのワークショップについてもレポートを書きたいと思います。

つづく。

think future logo.jpg

Why we need “Think Future Project” now?

“We must change” That must be the one thing that everyone now feels in common in Japan today. The nimbus of fretfulness seems to be floating around the whole thing. However, who could blame it? If we consider that we are now suffering from countless issues such as the economic crisis, reconstruction after the earthquake, energy problems, depopulation at country level, global warming, the gap-widening social and pension issues…the list goes on and on. Unfortunately, most of them are with no conclusive solutions, and people are now wading in the midst of the increasingly unstable and chaotic world, even in doubt if there is indeed a way out of the present situations. However, I believe there is. That is “Asia growth strategy”.

<1. The significance of having a base in Asia> We, Bannistar Inc. first gain consumer insights, and then establish business and merchandise strategies based on the gained insights. We are a branding team that focuses mainly on package/product design and designs “brand communication” such as advertisement or sometimes even space itself. We pulled out to sea in 2008 with a firm determination to make our team influential enough to be able to perform not only in Japan, but also from Japan to the rest of Asia, and to go even further to the rest of the world. Since the foundation of the office in Tokyo and then in Singapore, our supreme agenda has been the same, which is “how we can bridge between Japan and other countries in Asia, in order to create a better future through our branding design.” Now that it’s the third year since we branched out to Singapore, we have come to realize how it is in fact like to make inroad into the Asian market. One thing we must not forget is the fact that there is no guarantee that we will survive or thrive with “Nippon Spirit” alone such as high technology and manufacturing (these are famously and traditionally referred to as the fields in which Japanese industries have been most competitive in the world). Today, not only global companies but also many other local companies in Singapore and Malaysia are also in the game by harnessing their geographical advantages. In order to stand head and shoulders in this competitive landscape, it’s crucial for us to define our ownability or properties distinctive enough to differentiate ourselves, while we keep ourselves flexible enough to meet the demands for a new age in the Asian market. Now, how do we achieve both? The answer to this question is exactly the same one we, Bannistar are now trying to reach. In 2009, we, Bannistar literally held up three “bannistars”; Bannistar that support A) “Asia from Japan”, B) “the rest of the world from Asia”, and C) “Japan from Asia”. Throughout the history in Asia, including Japan, we can’t deny the fact that the disgraceful and deplorable events such as colonial control have been repeated time and again. On the contrary, Asia is said to have contributed 76.3% of the entire world’s GDP around the 1st Century A.D. Considering it’s now crucial for Asia to be reborn into the completely independent entity in the increasingly globalizing world, now is the time when we must start to think how we can address and harness to the fullest extent every unique property that potentially inhabits us (Asian): spirit, pride, humanity, and creativity. “Unleash the latent powers of Asian” That’s exactly where we, Bannistar can make contributions. That’s the mission we must perform. In Japan as well as in Asia, people now started to cast their eyes back at this trend as the positive movement for the “decentralization” and “manufacturing”, and it’s gathering momentum as it goes. What we then have to do is not to just leave it until it ends up with a flash of hope, but to make efforts to let it “continue” until it becomes powerful enough to drive the revitalization of Asia, which would eventually come back to lay a new foundation for further growth in Japan. Because we, Japanese know full well how significant “continuation” is, as our history tells us so. That’s the reason why I believe that such Japanese way of thinking in which respect for “continuation” is deeply ingrained would enable us to take the leadership in Asia.

<2. The respect for different national traits or characters> However, we must be mindful that one’s own identity of each culture is not something that can be essentially unified into one even in the increasingly globalized world. In the way we, Japanese have our own identity, Singaporean, Chinese, or people in any other countries have their own. Precisely, each country has its own unique history, culture, society, and identity. Every time we feel the profoundness and magnificence of each culture, we are also forced to realize that there is surely a limit to how much we could understand about it through research. But still, I strongly believe that there is a lot only we can do with our inquiring and creative mind. That’s why we are making a bold challenge. What drive us to keep on moving forward are the bonds that we build with people outside, sometimes advancing, sometimes retreating. Everything we want can be achieved only by meeting people and by exposing ourselves to the world. As the title says, “Think Future Project” is the methodology in which we map out our future lives from the deep insights into people. From a bit lager prospective, the population is now increasing, the aging society is accelerating, and the form of organization is changing on a global scale. Now it’s always mediated by facebook where people are connected with each other, manage their friends, and share the information. This is an apt description of the fact that the world is becoming “flatter” than ever. The rules that existed in hierarchical societies no longer holds sway, and a new era where individuals’ strengths come to the fore are now ushered in.

<3. The relation between “humans” and “Mono (stuff, thing, or material…but here we call it Mono)”> People have spirits. People love Mono. That’s what people are as human nature. But, we love Mono because we instinctively know spirits surely reside with Mono that can enrich our lives. We are on the journey to seek the truth that lies between humans and Mono. We need to understand how humans and Mono resonate with each other, as there lies the answer to our better future. To explain this, there is one passage I would like to quote from the words of Kenji Ekuan, a founder of GK Design Group “It is true that some Mono often need some human help to come into being here on earth. However, it never follows that the Mono world is subordinate to the human world. “…” We must be aware that it depends on us (humans) whether Mono can exist at its best or not.”

We, Bannistar see into the future to 2101. In order to think of our future 89 years later, we set off on a restless journey to know more about people, Mono, and the relation between them. Let’s assume that a baby born this year will reach 89 years old in 2101. If you image in this way, the future we are now trying to imagine doesn’t seem to be so long from now. Today, I shared the reasons behind why we are going to embark on the 8-year “Think Future Project” from three major aspects: 1) The significance of having a base in Asia 2) The respect for different national traits or characters 3) The relation between a “human” and “Mono”. I’ll soon share the report on the Think Future Project workshop we held in Kagoshima Prefecture in Jan. so that everyone can know what we are actually doing now. I hope that you will also find it interesting.

To be continued.

皆様。あけましておめでとうございます。 2012年。どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

さて。今度の週末。 21日土曜日、鹿児島の姶良市でワークショップを行うことになりました。

市長さんや、地元の企業や商店、旅館を営まれている方、地域の医療、福祉関係の方々など、総勢30名程方々達が集まってくださるとのこと。 「鹿児島から世界を考える」という、ワークショップです。 バニスターならではの、地域ブランド活性化のための、1つのモデルワークショップになればと思っています。

今年から、約8年間かけて行う、未来のアジアと地域ブランドを考える『Think Futureプロジェクト』を立ち上げました。 「日本の各地からアジアや世界へ。アジアや世界から日本の各地へ。」をコンセプトに、アジア各地でも、随時このワークショッププロジェクトを行う予定です。

プロジェクトの記念すべき第一弾が、鹿児島。 とにかく、皆さんに会えるのが、楽しみです!

Happy New Near, everyone! It’s 2012.

I’d like to announce that this weekend on Saturday 21st, we will be holding a workshop in Aira city, Kagoshima prefecture.

I’ve heard that nearly 30 people are willing to participate, starting from the Mayer of Aira city, local companies and shops, Japanese-style-hotel owners, local medical cares, welfare workers and much more. The concept for this workshop is ‘Changing the world from Kagoshima’. I’m hoping that this workshop can specify a certain model for local-brand-vitalization activities.

We are launching an eight-year project, ‘Think Future Project’ in order to consider future of Asia and local-brand-vitalization. On the basis of our ideology, “From Japanese districts to Asia and worldwide, from Asia and worldwide to Japanese districts.” We are willing to conduct this workshop through all parts of Asia as well.

Our memorial kickoff will be held in Kagoshima. I’m so excited to see everyone!

think future logo.jpg

Think Future Project with Bannistarは、 2101年の暮らしを創造するプロジェクトです。

2101年。 果たして未だに国境ってあるのでしょうか?  領土問題も、人種差別も、経済崩壊も、エネルギー問題も未だ解決していないのでしょうか。 そんな時代に、ニッポンの素晴らしさは、未来の暮らし方にどんな幸せをもたらしてくれているのでしょうか? 

Think Future Project with Bannistarは、 Big ideaで、誰も創造してもみなかった90年後のニッポン人の暮らしを考え、 2101年に生きる全ての地球人に伝えるために、 ニッポンから発信するFuture Storyを描き、 未来のために、メッセージを残していく 2012年から2020年まで続くプロジェクトです。

まず。 日本、世界各地で、 「日本の各地からアジアや世界へ。アジアや世界から日本の各地へ。」を テーマに、不定期で、2101年の暮らしを考えるワークショップを行います。

また、国内外の次世代を担う30-10代の、 写真家、建築家、料理家、ファッションデザイナー、住職、アーティスト、俳優、歌手、デザイナー、サッカー選手、小学校教諭、陶芸家、華道家、大学教授、葬儀ディレクター、医者、弁護士、介護士、保育士、政治家等、 様々な職業の方々に「2101年の暮らしとは?」をテーマに、 長期にわたって多数のインタビューを実施します。

将来的には、バニスターから未来の暮らしにメッセージを伝えるための、 『think future story 2101(仮)』が作成される予定です。

どうぞ、ご期待ください。

‘Think Future Project with Bannistar’ is a project to create life in 2101.

In year 2101, will there be borderlines between nations? Will issues related to territories, racial discrimination, economy collapse and energies still be unsolved?

At a time like that, how can Japanese virtues contribute in order to create a better way of living?

‘Think Future Project with Bannistar’ is a project starting from 2012 to 2020. Through visualization of life in Japan ninety years later, we will be leaving a message of ‘Future Story by Japan’ for all earthlings living in 2101.

First of all, we will indeterminately hold a workshop considering ‘Life in 2101’ across the world, on the basis of our theme “From Japanese districts to Asia and worldwide, from Asia and worldwide to Japanese districts.”

Also, we will be conducting series of interviews on ‘Life in 2101’ among teens to thirties who will be leading the next generation. This includes people from all kinds of fields such as photographers, architects, gastronomes, fashion designers, priests, artists, actors, singers, designers, soccer players, teachers, ceramic artists, flower arrangement experts, professors, funeral directors, doctors, lawyers, caretakers, nursery school teachers, politician etc.

In the near future, we are planning to publish ‘think future story 2101 (tentative title)’ in order to convey a message from Bannistar to the next generation.

So stay tuned for more upcoming news!

Happy holidays

Dear all,

I would like to take a moment to say thank you for the support you have given us throughout the year. May you experience joy, peace and good health now and throughout the new year.

Tokyo office will be closed for the New Year’s holiday from December 27, 2011 until January 5, 2012.

Singapore office will be closed for the New Year’s holiday from December 23, 2011 until January 2, 2012.  

Best wishes,