BANNISTAR Tokyo & Singapore | バニスター株式会社

Masato Hosoya Bannister代表、ホソヤのひとりごと

はじめて、本を書きました。『Brand STORY Design – ブランドストーリーの創り方』(日経BP社)

June 11, 2014

来る6月23日に、僕のはじめての著書が『Brand STORY Design – ブランドストーリーの創り方』(日経BP社)が発売になります。
内容は、2013年から約1年5カ月間、全17回にわたって雑誌『日経デザイン』で連載していた『ストーリーを創ろう!デザインを創ろう!』で取り上げた事例から、ブランドストーリーを整理し、構造化することに挑戦してみました。

そもそもなぜ、このような本を書くことになったのかという理由から話したいと思います。実は、僕はちょっと風変わりな少年時代でした。笑
実家は商売を営んでいたので、幼少期は、八百屋や総菜屋が並ぶ、賑やかな商店街で育ちました。遊び場は八百屋さんや中古車屋さんの店先で、遊び相手はいつもお客さんでした。高校の時は、舞台役者を目指し地元の市民劇団に入り、ミュージカルや三谷幸喜さんの芝居に夢中になりました。大学では通っていた劇場空間に魅せられ、いつか劇場を設計したいという理由で建築を学ぶことになります。建築を勉強する中で、特に、江戸やベネチアのような都市空間や都市史に関心を持ちました。

そして20歳の時、AXISギャラリーでモーショングラフィックス展を見たことがきっかけで、今回、対談させて頂いたナガオカケンメイさんと出会うことになります。その後、数年、ナガオカさんのアシスタントとして過ごし、ブランドやデザインの奥深さを教えて頂きました。この本では、僕の夢だった師弟対談が実現しました。このように僕の興味は、舞台から劇場、建築、都市史、そしてブランディングデザインへと進んでいきます。

その後、事業会社の広告宣伝部門、米国系のブランドコンサルティング会社を経て、2008年にバニスターを創業することになりました。『Find New Paradigm in You』をコンセプトに、プランナーとデザイナーが共存し、生活者への深い洞察から未来の暮らしを考えるチームとして、東京とシンガポールの2つの拠点で活動しています。僕の遍歴は、なんだか脈絡のない道のりですが、共通していることは、どの場面でも素敵な方々との出会いがあり、いつも僕の興味の中心は「人の感情」でした。舞台、建築、広告、ブランディングデザインと「人の感情」を知らないと何も生み出されないことばかり挑戦してきたように思います。また、この本のテーマである「ストーリー」こそが、僕という人間を説明する手段でもあります。

この本は、「ブランドストーリー」から良いデザインが生まれるという想いで書きました。すでに「ブランドストーリー」が必要であるということは明白です。なぜなら、ブランドには使命や感情があり、生活者からのニーズがあり、単にモノをデザインすることだけでは売れなくなっているからです。だからこそ「ブランドストーリー」の目的は、マーケティング側も、デザイン側も同じテーブルの上で議論を重ねることが重要であるというポイントに主眼を置いています。また近年、日本企業もグローバルへと進出することが必要不可欠になってきました。僕たちのチームも、半数以上は外国人のスタッフです。やはり曖昧な暗黙知だけでは、ビジョンの共有はできません。「ブランドストーリー」は、多様化、多国籍化していくに連れて必要になる手法でもあります。しかし一方で、「ブランドストーリー」というメソッドは未知数で、その方法論は未だ確立されていません。

これから少子高齢化、教育や環境等の社会問題、グローバル化など、次の世代では、乗り越えなくてはいけない多くの難題があります。
しかし、計17事例の取材させて頂いたブランドストーリーの中には、作り手の夢がたくさん詰まっています。この本で取り上げた事例は、どれも前向きに夢を描いているストーリーばかりです。こんな商品やサービスが、生活者に届けられたら良いのにという想いが詰まっています。僕は、ブランドストーリーによって創られる「楽しいお買い物」こそ、すべての人を幸せにしてくれると信じています。また、僕らは2009年からシンガポールオフィスを立ち上げ、同時に成長著しいアジアの人々も見てきました。

その中で改めて確信したことは、日本の強みは、やはり「質」であるということです。品質力か開発力などの機能的な質だけでなく、「情緒的な質」は、まだまだ高めていくことができます。その源泉は、日本の中にまだ数多くあります。その「情緒的な質」を高めるために、日本的なブランドストーリーという手法が、21世紀のモノづくりの一役を担うことができればと願っています。そしてこの本がきっかけに、沢山の人がブランドストーリーを語り、お客様にとって楽しいお買い物を作り出してくれる、製品やサービスが生まれることになれば嬉しい限りです。

こちらで購入できます。是非!

『Brand STORY Design – ブランドストーリーの創り方』(日経BP社)
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/230640.html

h_230640

Author

  • Masato Hosoya
  • Yuko Nobuoka
  • Szto

最近の記事

Communicate with
Masato Hosoya:

on facebook
on twitter

Archives